[PJ3] 安全・安心な都市・地域づくり(Resilience)

子どもから高齢者まで、そして、障害のある方も、外国人の方も、みんなが安心して住めるまちづくりをすすめるプロジェクトです。そして、災害が起こったときにも、みんなが安全に過ごせるまちづくりも行います。
そのために、大学の所在地である市川市国府台地区を市川・江戸川地域の防災拠点のひとつとするだけでなく、近隣の大学や病院と連携し、国府台コンソーシアム(仮称)の結成もめざします。また地域資源を生かしたまちづくりや安全な地域交通システムの形成などにも多様な主体と連携しながら取り組みます。

メンバー

2018年4月24日現在

メンバー
リーダー 吉竹 弘行 教授(人間社会学部)
サブリーダー 西尾 淳 教授(サービス創造学部)
サブリーダー 榎戸 敬介 教授(政策情報学部)
  朝比奈 剛 学部長・教授(人間社会学部)
  小口 広太 専任講師(人間社会学部)
  小栗 幸夫 名誉教授・客員教授(政策研究科・政策情報学研究科)
  朽木 量 教授(政策情報学部)
  関口 雄祐 教授(商経学部)
  宮崎 緑 学部長・教授(国際教養学部)
  瀧上 信光 理事・顧問
  関水 信和 特別客員教授(サイエンスアカデミー)
幹事 吉良 久宣 課長(庶務課)
  前田 豊 課長補佐(庶務課)
  近藤 良介 職員(庶務課)
  宮澤 尚子 課長(学生・地域連携課)
  松原 翼 職員(学生・地域連携課)

活動状況

2017年度

日程 内容
12月16日 CUC公開講座in丸の内2017 第6回「千葉商科大学の地域連携と安全・安心のまちづくり」を開催
本学の地域連携活動の報告とともに安全なまちづくりへの本学の役割について参加者と意見交換を行いました。
CUC公開講座 in 丸の内2017
12月11日 「国府台コンソーシアム」が発足し、設立総会を開催
構成員である11の教育機関と医療機関、自治体の代表者が出席し、会長には本学の原科幸彦学長が就任しました。
国府台コンソーシアム設立総会
8月26日 CUC公開講座in丸の内2017 第2回「地域交流の拠点としての大学~The University DININGから始まる新潮流~」を開催
The University DININGをはじめとして、地域交流拠点をめざす本学の取り組みや研究について発表しました。
CUC公開講座 in 丸の内2017
8月25日 市川市と防災・災害時の拠点づくりについて会合
災害時、避難所を設営できるか、大学側の備品や作業手順を早急に確認することが検討課題として挙げられました。
7月15日 小岩-国府台ウォーキングイベント
大規模水害を想定し避難経路を確認しながら防災マップづくりに役立てるイベントを企画・運営(参加者:94名)
小岩-国府台ウォーキングイベント開催報告

活動予定

  • 日本不動産学会での発表
  • 国府台コンソーシアムづくりについて和洋女子大と協議
  • The University DININGにて「食に関するセミナー」の開催