[PJ4] 環境・エネルギー(Sustainability)

千葉商科大学の旧野球部グラウンドには、大学単体では日本一の規模のメガソーラーがあります。2014年度の発電量は、同年市川キャンパスで消費された電力量の77%に相当するものでした。
本プロジェクトは、市川キャンパスで省エネを可能な限り行い、省エネと自然エネルギーで消費電力を賄う「自然エネ100%大学」をめざすものです。これは「持続可能な地域分散型エネルギー社会」の入り口であり、それは快適性も伴うものであり、本大学は地域における、その拠点となります。教職員を含め大学全体が関わるよう、学内の設備更新だけでなく、学生がその活動に関わることを中心に、省エネ・創エネに向けたあらゆる活動を行います。

メンバー

2017年7月1日現在

メンバー
リーダー 鮎川 ゆりか 教授(政策情報学部)
サブリーダー 江波戸 順史 准教授(商経学部)
サブリーダー 杉本 卓也 准教授(政策情報学部)
  原科 幸彦 学長
  伊藤 宏一 教授(人間社会学部)
  伊藤 康 教授(人間社会学部)
  榎戸 敬介 教授(政策情報学部)
  大矢野 潤 学部長・教授(政策情報学部)
  楜沢 順 教授(政策情報学部)
  五反田 克也 教授(国際教養学部)
  杉田 このみ 専任講師(政策情報学部)
  杉田 文 教授(商経学部)
  高橋 百合子 教授(国際教養学部)
  仲野 友樹 准教授(サービス創造学部)
  平井 友行 教授(会計ファイナンス研究科)
  平田 仁子 非常勤講師(政策情報学部)
  山本 恭裕 教授(商経学部)
  吉羽 一之 専任講師(政策情報学部)
  田中 信一郎 特別客員准教授(サイエンスアカデミー)
  三橋 規宏 名誉教授
  内田 茂男 常務理事
  露崎 洋 法人事務局長
  東条 和彦 大学事務局長
  大場 克美 大学事務局次長
  柏木 暢子 課長(戦略広報センターオフィス)
  原田 健 課長(会計課)
  山口 勝洋 氏(サステナジー株式会社 代表取締役)
  大杉 仁 氏(サステナジー株式会社)
  手嶋 進 氏(サステナジー株式会社)
幹事 吉良 久宣 課長(庶務課)
  長澤 秀徳 課長補佐(庶務課)
  谷川 健二 課長補佐(学部事務課 政策情報学部担当)
  近藤 良介 職員(庶務課)
  麻生 茉利 職員(庶務課)

活動状況

打ち水で涼しく大作戦(2017年)

日程 内容
7月11日 Ben&Jerry'sが「自然エネ100%大学」プロジェクトに協力頂いたため、Ben&Jerry'sの気候変動問題への積極的取り組みに関する講演会を開催
7月17日~21日 学生主体で打ち水で涼しく大作戦を実施
打ち水による地表面温度変化の測定、省エネに関する学生意識のアンケート調査を同時に実施(打ち水参加学生数:延べ665名)
7月22日 CUC公開講座in丸の内2017 第1回「日本初の自然エネルギー100%大学づくり」を開催
打ち水に関する歴史及び効果の考察、アンケート結果から学生の省エネ意識を分析
CUC公開講座 in 丸の内2017
7月26日 CUCサマープログラムにて講義と打ち水を実施

グリーンカーテンの設置(2017年)

日程 内容
4月20日 学生によるイメージデザインを作成
4月27日 種植えを実施(The University HUB屋上)
7月4日 台風3号を避けるために、植物を一時屋内へ移動
7月5日 The University DINING西側にグリーンカーテンを設置
9月6日 水やり終了(撤収のため、植物を乾燥)
9月11日 グリーンカーテンの撤去

研究会(2017年)

日程 内容
5月11日 新電力設立検討勉強会(東京都環境公社)開催
8月30日 「みんな電力」勉強会開催