学生ベンチャー食堂

学業と経営を両立する学生経営者たち

学生ベンチャー食堂

本学では、学生が在学中に自分で起業する意欲を持つことを奨励し、学生のために一部の教室を拠点として貸し出すなど、実学として体験する学びへの支援体制を整えています。

2011年4月からは、学生たちに起業のチャンスを提供するため、本学キャンパス内の食堂スペース3店舗で飲食店を出店・経営する本学学生ベンチャーの公募をスタートさせ、現在も厳正な選考を通過した3店舗が大学から1年更新の出店権利を得て、営業を続けています。

本学が学生ベンチャー食堂の出店を選考するにあたっては、学生と教職員への食の提供という重要な生活環境に関わる事業を任せるため、魅力あるメニューと価格であること、継続的に運営が可能なベンチャーであることをベースに収支計画の適正さや経営体制、衛生管理などを重視した選考を行い、この選考を通過した学生経営者は、飲食店の営業条件となる食品衛生責任者資格の取得や営業許可の取得、税金を納めるため税務署に個人事業の開業届出など、開店に必要な一連の準備を整えます。

本学では「店舗は教室である」との考え方から、この学生ベンチャーにテナント場所を提供する以外に、毎月、各店の決算状況を確認するほか、改善が必要と判断されれば適時指導などを行っていますが、運営に必要な光熱水費、什器類、消耗品費、人件費、原材料費等は学生経営者が自ら負担しています。

同食堂スペースは、1店舗の広さが各店22~23平方メートル程度、席数は全体で100席程度あり、学生が自由に使えるオープンPCやテレビもある開放的な空間です。お昼休みになると、大勢の学生がこの食堂を訪れますので、学生経営者は本学にある他の食堂と変わらないプロの飲食店経営者として食事の提供、品質、衛生安全管理が求められることに加え、在学中は学業との両立も加わります。

実学を教育理念に掲げる本学ならではの学生ベンチャー食堂。授業で学んだ理論を店舗の運営に活かし、実社会で役立つ経営の知識とスキルを身に付けていきます。

店舗紹介

中華食堂つばき

中華食堂つばき北京で修行した本場の味を提供する、本格中華のお店。
学生ベンチャー食堂への出店で培ったノウハウで、2012年に同食堂の代表が卒業と同時に「金誠株式会社」を設立、JR市川駅前に2号店をオープン(現在は移転のため閉店)。地元市川市にある美味しい中華の店として、たびたびグルメ本などにも紹介され、現在も着々と常連客を増やしています。
店主:王 海燕さん(商経学部経営学科 2012年3月卒業)
中華食堂つばき

レストラン BENI

レストランBENI卒業生が経営する洋食店。2年生の時に学生ベンチャー食堂に応募。
軽食を提供するケーキ店でのキッチンアルバイト経験を活かし、自ら厨房に立って調理をしています。オムライスとハンバーグを提供中です。
店主:紅 拓也さん(商経学部商学科 2016年3月卒業)
レストラン BENI

関連リンク