教育改革の取組(GP)

文部科学省では、優れた取組である「Good Practice(GP)」をキーワードとして、教育の質向上に向けた取組や政策課題対応型の優れた取組など、大学における学生教育の質の向上をめざす個性・特色のある優れた取組を選び、その取組をサポートしています。

千葉商科大学のさまざまな教育プログラムは、優れた教育として文部科学省から評価されています。今後も更なる教育の発展を図ります。

これまでの採択の実績

CUCでは学生と教員が一体となって、近隣地域をフィールドに、市民参加のシンポジウム、地域通貨を使った商店街の活性化対策など、さまざまな活動を行ってきました。2004年には「地域活性化への貢献」という部門で「現代GP」に千葉県内の大学で唯一選定され、2005年には、大学の環境教育の成果が認められ「大学の社会的責任としての環境教育の展開」で「特色GP」 に選定されました。2006年度は「CUC生涯キャリア教育」で「現代GP」に採択され、2010年度は「一人ひとりの就業力を高めるCUC実学教育」で「就業力GP」に採択されさました。