貸与奨学金の返還について

在学中に貸与された奨学金の返済に関する手続き関連のご案内

奨学金の仕組み

奨学金は皆さんからの返還金により、新たな学生に対する貸付資金として運用されており、返還が滞ると奨学金制度が存続できなくなります。
そのような事情から、近年、国の施策により、奨学金延滞に関する督促が強化されています。延滞時は、機構から委託を受けた債権回収会社からの強い督促が本人にされることになります。場合により勤務先に訪問することもあります。
最終的には法的手続により、給料や住居・財産などが差押さえとなりますので、そのような事態に陥らないように毎月計画をもって返還をするようにして下さい。

「在学届」について

次の人は返還のてびきに記載されている「在学届」の提出が必要です。

1. 卒業後進学予定  → 提出先:進学先の学校
2. 留年となった場合 → 提出先:本学 学生課奨学金窓口

繰上返還について

  1. 奨学金の全部又は一部を繰上返還することで、奨学金の返還を早期に完了させることができます。希望者は繰上返還予定月の1ヶ月前までに、電話・FAX・文書のいずれかの方法により、日本学生支援機構へ連絡して下さい。
  2. 3月満期者で3月分まで貸与を受けてから返還する人は3月中旬から繰上返還を受け付けます。
  3. 第二種奨学金の場合、繰り上げた期間の利息は課されませんが、3月満期の場合、4~9月までの据置期間利息は課されますので注意して下さい。

各種変更の届出

住所・氏名・電話番号・勤務先が変わった場合は、必ず「返還のてびき」にある所定用紙で届け出てください。

お問い合わせ先

返還に関する不明点は、下記番号に問い合わせて下さい。

日本学生支援機構
返還相談ダイヤル
TEL: 0570-03-7240