教育訓練給付金「専門実践教育訓練講座」に会計ファイナンス研究科の3コースが指定を受けました

会計大学院

2015年2月6日

本学会計ファイナンス研究科の「会計プロフェッションコース」「税務プロフェッションコース」「ファイナンスプロフェッションコース」が、2014年10月から拡充された専門実践教育訓練給付金の対象講座として、厚生労働大臣の指定を受けました。
教育訓練給付金は、教育訓練の受講にかかる本人の費用負担を軽くすることにより、知識やスキルの習得や、資格の取得を通じてキャリアアップをめざす人を支援するものです。2014年10月から、「専門実践教育訓練の教育給付金」が追加されました。専門実践教育訓練給付金は、一般教育訓練給付金よりも給付割合が引き上げられるほか、受講を修了し、資格取得等をし、修了から1年以内に就職に結びついた場合は、追加の支給も受けられます。
2015年度の入学生より適用となりますので、会計ファイナンス研究科入学予定者及び今後の受験者で、入学後に専門実践教育訓練給付金の給付申請を希望される方は、制度の詳細及び受給資格や申請手続等について熟読の上、遺漏のないよう手続きを進めてください。

※専門実践教育訓練給付金の制度等の詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。または、お近くのハローワークへお問合せください。
仕事のスキルアップ・資格取得を目指す方へ(専門実践教育訓練)別ウィンドウで開きます
教育訓練給付の対象講座を受講希望の皆さまへ(リーフレット)[PDF]別ウィンドウで開きます

※受給資格、申請手続については、ハローワークのホームページをご覧ください。
教育訓練給付制度別ウィンドウで開きます

※本学では、取次・問合せに対応しかねますので、必ずご自身でご確認ください。

専門実践教育訓練での「教育訓練給付金」制度とは

働く人の主体的で、中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)をハローワークから支給する制度です。(ハローワークHPより)

関連リンク