東北の復興、避難生活を送る方々を応援します! 「ままカフェ@千葉商科大学」(3/5・6)

人間社会学部

2016年2月17日

人間社会学部では、東日本大震災に伴い本学近隣に避難された方々、とくに子育て中の親子たちの避難先での悩み、子育ての悩みなどの相談、避難者同士の交流などを目的とした交流イベント「ままカフェ@千葉商科大学」を開催します。

「ままカフェ@千葉商科大学」は、人間社会学部で社会福祉士の勅使河原隆行准教授(専攻:社会福祉学)が中心となり、自主避難者の支援活動として行うもので、市川市内にいる約230人(平成28年1月31日現在)の避難者への交流会や支援が少ないことから、昨年度、千葉県内では本学が初めて開催しました。2日間の開催で60名の親子が参加して交流を深めるきっかけとなっています。
2回目の開催となる今回は、福島県の事業として同様の取り組みを行っている、ふくしま子ども支援センター(NPO法人ビーンズふくしま)と、福島県庁避難者支援課にもご協力をいただきます。

当日、参加する親たちには、ゆっくり語り合って交流を深めていただけるように、人間社会学部の学生有志が、大学近くの自家焙煎珈琲豆店である平野珈琲で指導を受けたドリップコーヒーを提供したり、子どもたちの遊び相手となって一緒にお絵かきや消しゴムハンコ作りを行います。お気軽にご参加ください。

ままカフェ@千葉商科大学

日時 2016年3月5日(土)、6日(日) 11:00~15:00 (事前申込不要)
場所 千葉商科大学・本館1階 キャンパスライフセンター
対象 東日本大震災に伴う避難者親子
お問い合わせ 千葉商科大学 人間社会学部 TEL:047-371-2178
協力団体 ふくしま子ども支援センター(NPO法人ビーンズふくしま)、福島県庁避難者支援課