【人間社会学部生による復興支援メニュー第2弾】地元の名産、金華サバの「サバサンド」

人間社会学部

2016年10月11日

人間社会学部の学生人間社会学部の学生たちが、今年6月に引き続き、東日本大震災被災企業の商品を使ったメニュー第2弾を考案し、10月17日(月)・18日(火)の2日間、学内の学生ベンチャー食堂「中華食堂つばき」で販売します。

この取り組みは、同学部勅使河原隆行准教授(専攻:社会福祉学)のゼミナール生が、宮城県内の被災企業で行うインターンに参加したことをきっかけに、被災地の現状と復興の進捗など自らの経験を広く発信し、震災の風化・風評の抑制および被災地産業の振興に寄与することを目的として実施しているものです。6月には、石巻市、女川町の企業から仕入れた鯖や銀鮭などの缶詰商品を組み合わせた「復興支援丼」を販売し、大変好評を得ました。

今回は、今年8月の「復興・創生インターン」(復興庁宮城復興局ほか共催)において、学生たちがインターンを行った企業の商品を使用した「復興支援サンド」および「復興支援おでん」を販売します。「復興支援サンド」は、石巻市の株式会社ヤマトミから取り寄せた「金華〆さば」と野菜、鯖を練り込んだマヨネーズをピタパンに挟んだサンドイッチです。また、「復興支援おでん」は、同市の山徳平塚水産株式会社が主力とする練り物などの具材に、東北地方ならではの生姜味噌だれを付けて提供します。

人間社会学部勅使河原ゼミナールでは、被災地の商品を使用することにより、報道で知る以外の現地情報を伝えるだけでなく、商品の購入を通じて、被災した沿岸部の基盤産業である水産加工業の復活や経済の活性化に貢献したいと考えています。時間の経過と共に変化する被災地や避難者の現状を知り、必要な支援や復興への課題とその解決方法を導き出す力を身につけることをめざし、学生たちは現地や避難先に出向き、人々との交流を通じた学びを続けていきます。

復興支援メニュー第2弾

販売日 2016年10月17日(月) 復興支援サンド(限定30個)
2016年10月18日(火) 復興支援おでん(限定各30個)
時間 11:30~15:00
場所 アゴラ館 学生ベンチャー食堂「中華食堂つばき」
価格 復興支援サンド 300円
復興支援おでん 1個50円

※メニューは曜日で異なります。
※各日とも売り切れ次第販売終了となります。
復興支援サンド復興支援おでん