弘前ウェディングプロジェクト

学生の発案で弘前市を「恋愛と結婚の聖地」に

イメージ写真

人間社会学部では、全国的な知名度の向上と観光誘客の促進をめざす青森県弘前市を「恋愛と結婚の聖地」として広める活動に取り組んでいます。
これは、人間社会学部生による弘前市活性化プラン「愛“ひろ” がり、“さき” ほこる弘前ウェディング」(大学生観光まちづくりコンテストで青森県知事賞を受賞)のビジネス化を目的としたプロジェクト。弘前市には生産量日本一を誇るりんごと、桜の名所として知られる弘前城がありますが、りんごには「選ばれし恋」という花言葉があり、弘前城には400年を超える歴史があります。このプロジェクトは、りんごと弘前城を新しい「恋愛と結婚」のシンボルとして活用したウェディングビジネスで、弘前市の活性化に貢献します。

弘前市が抱える課題をウェディングで解決する!

弘前城青森県西部にある弘前市と聞いて、何を思い浮かべますか? そもそも「弘前」の読み方を知っていますか? 答えは「ひろさき」ですが、それを知らない人には「ひろまえ」と読まれてしまうことも少なくはありません。
青森県と言えば生産量日本一のりんごが有名ですが、全国の市町村別生産量の第1位が弘前市です。青森のりんごと言えば、弘前のりんごと言っても過言ではありませんが、そこまで知っているでしょうか?
弘前にはりんご以外にも、春は弘前城の桜、夏はねぷたまつりと全国からたくさんの人が訪れる観光地でもあります。しかし、桜もねぷたも限られた日数だけの楽しみであることが、1年を通した観光客の誘致につながらず、また、弘前市も他の地方都市と同じく少子高齢化、若者の都市部への流出といった課題を抱えています。人間社会学部では2014年度から夏休みに学生が弘前市を訪れ、このような課題を解決するビジネスプランの提案を行ってきました。

「愛“ひろ”がり、“さき”ほこる弘前ウェディング」とは?

学生ならではの目線で魅力的な地域資源の掘り起こしと、それらを取り入れたビジネスプランの作成と発表を行う2泊3日のフィールドワーク。その中で、2015年度に発表されたのが「愛“ひろ”がり 、“さき”ほこる弘前ウェディング」です。
これは、生産量日本一を誇るりんごの花言葉「選ばれし恋」や、弘前城の「400年を超える歴史」を「恋愛や結婚」「家・家族の繁栄」の象徴として、りんごと弘前城を活用した新しいウェディングプラン、関連ビジネスの創出をめざすものです。弘前城での記念写真、りんごの木の植樹、りんご料理のメニュー化や伝統工芸品を引き出物とした披露宴など、弘前市でしかできない結婚式を首都圏や海外に向けて情報発信し、観光客の誘致をめざします。

大学生観光まちづくりコンテストでアイデアを発表!

弘前ウェディングPR展開に向けた動画制作

現地調査人間社会学部には「愛“ひろ”がり 、“さき”ほこる弘前ウェディング」のビジネス化に取り組む「弘前ウェディングプロジェクト」が立ち上がり、大学生観光まちづくりコンテストでプランを発表したオリジナルメンバー4名を含む3、4年生7名を中心に、新たに募集した1、2年生8名の計15名で活動しています。
ビジネス化に向けて、2016年度は実現可能性について現地調査を行い、2017年度は弘前市、人間社会学部、一般社団法人CSV開発機構および弘前市の地場産業、ホテル・観光業者等で構成する「弘前ウェディング研究会」も発足し、産学官の連携で取り組むことになりました。また、平成29年度むつ小川原地域・産業振興プロジェクト支援事業にも採択されるなど、弘前ウェディングによる地域の活性化、持続的な経済効果に期待が高まっています。学生たちも夏休みに弘前市を訪れ、地元の関係団体と協力しながらプロモーションムービーの制作に取り組んでいきます。

2017年度活動スケジュール

4月
  • 弘前ウェディング研究会発足
6月
  • 関係事業者への説明会
7月
  • 弘前市役所、関係事業者との打ち合わせ
8月
  • プロモーションムービー撮影準備、連絡調整(学生のフィールドワーク1)
9月
  • プロモーションムービー撮影(学生のフィールドワーク2)
11月
  • フィールドワーク報告会、弘前ウェディング商品プランの発表
11-12月
  • 結婚情報誌への掲載
1-2月
  • ウェディングイベントへの出展

学生の声

堀田さんりんごと家族の成長がリンクする弘前ウェディング!
私は2015年度に「愛“ひろ”がり、“さき”ほこる弘前ウェディング」を立案したオリジナルメンバーの1人です。行ったことのない東北に行けるというのが参加のきっかけで、当時は作成したプランでコンテストに出場することが最終目標でしたが、本当に事業化をめざすことになるとは思いもしませんでした。
弘前市について調べたり、出かけてみると、地域資源がたくさんあることに気付きました。私たちはそれをウェディングに活用して、弘前市の活性化に貢献したいと思います。このようにスケールの大きい取り組みは、学生だけではできません。大学の教職員、弘前市や関係する事業者の方々と隔たりなく活動できることに感謝し、地元の皆さんの期待に応えていきたいです。
制作するプロモーションムービーは、1組のカップルが結婚し家族として成長していく様子と、りんごの苗木の成長のリンクが見どころです。弘前市で結婚式を挙げる魅力を伝えられるように、頑張ります。お楽しみに!
堀田知里(東金高校出身)

▲ ページトップへ