アクティブ・ラーニング

よく学び、よく挑め

アクティブ・ラーニング

アタマを使う。カラダを動かす。政策情報学部の学びは、アクティブ・ラーニングを取り入れた”全身学習”。問題をどう解決すればいいのか、現場の中で行動しながら考えます。

1. 情報を集める
今、街や社会で何が起きているのか。ニュースや文献、インターネットなどを駆使して、まずは幅広く情報収集。キャンパスを出て取材や調査をするフィールドワークを行うこともあります。

2. 情報を整理・分析する
問題の原因は何か。教室で学んだ知識を活かして、さまざまな視点から問題を分析。大量の情報の中から必要な情報を見抜き、どの分野の力が必要なのかを見極めます。

3. 解決策を練る
どうすれば問題を解決できるのか。各分野の力を集め、ひとつの解決策が別の分野の問題にならないよう、各分野の意見を聞きながら、慎重に解決策を考えます。

4. 社会で試してみる
プランが固まったら、いざ実行! 企業や自治体、街の人々など、学外からの協力も得ながら、実際の問題解決に挑みます。想定外の出来事を乗り越えるチームワークも問われます。

5. 結果の検証
問題をどこまで解決できたのか。活動内容を振り返り、上手くいった点、反省すべき点を整理。次の学びの質を高め、より精度の高い問題解決へとつなげます。

地域政策コースのアクティブ・ラーニング

省エネ・創エネプロジェクト

千葉商科大学メガソーラー野田発電所の発電量でキャンパス内の電力を賄うことができるのか、数字上の検証では23%が不足しています(2014年度)。鮎川ゼミナールでは、この不足分を埋める省エネと創エネのアイデアを提案し、自然エネルギー100%のエコキャンパスをめざす活動を行っています。

千葉商科大学「省エネ・創エネプロジェクト」
やってみる、という学び方。

アンケート調査や、ゼミ内で検討した省エネのアイデアに対する意見を聞いてみると、私たちが想像していた以上に節電を意識する学生が多いことが分かりました。学生一人ひとりができる省エネ活動をより具体化していくことで、興味を持つ人が増えれば嬉しいです。

布施 賢太郎(茂原樟陽高校出身)

エコプロダクツ展

エコプロダクツ展は、毎年開かれる環境にやさしい技術やビジネスの見本市。杉本ゼミナールでは、キャンパスにある190本の樹木を調査し、幹の太さから二酸化炭素の吸収量を推測して、二酸化炭素の排出抑制にどのくらい貢献できるかを「見える化」した成果を、来場者に発表しました。

調査した樹木の中で幹が一番太いのは343cm。幹の太さを関係式に当てはめ計算すると、キャンパス全体で1年間あたり二酸化炭素の吸収量は35万1841kgになります。これは、エコプロダクツ展における二酸化炭素の排出権取引(オフセット・クレジット価格)を利用すると、約440万円に相当するものです。私たちの調査結果は、メディア情報コースのゼミナールに依頼して、パンフレットを制作しました。

上安 琢哉(広島城北高校出身)

地域政策研究会

市川細見記地域政策研究会は公務員試験合格をめざす学部生の学習および交流の場です。公務員試験に必要な科目な科目の学習だけでなく、公務員として勤務しているOBOGから実際の仕事の話を聞いたり、めざしている行政機関の職務や政策を調査・発表を行い、行政機関や公務員についての理解を深めています。

メディア情報コースのアクティブ・ラーニング

市川市「描くことが生きること—山下清とその仲間たちの作品展」

市川文学ミュージアム「若い人の発想と実行力で来場者を増やしたい」という市川市文学ミュージアムの依頼に答え、学生たちが作品展を地域に広め、集客を高める企画を考案。展示品の作者を漫画で紹介するリーフレット、山下清の世界観をデジタル技術で体感するイベント、ちぎり絵の体験などを実施しました。

やってみる、という学び方。

山下清が得意としたちぎり絵と、数々の作品の題材となった「花火」。作品展の期間中、ちぎり絵の体験を複数回開催し、花火をモチーフにした作品を来場者と一緒に完成させました。子どもから大人までさまざまな年代の方々と交流できたことが楽しかったです。

山端 寧(白井高校出身)

CUC情報番組「Cube Times」

政策情報ガイド1号館スタジオから放送する「Cube Times」は、大学からのお知らせと学生たちの活動を中心とした「CUCの今」を伝える情報番組。映像や表現を学ぶ4つのゼミナールの学生たちが協働で制作しています。プロ仕様の機材で撮影、編集した番組は、毎週火曜日12時30分から学内各所のキャンパスディスプレイでご覧ください。

CUC情報番組「Cube Times」別ウィンドウで開きます

自分で編集した映像が学内のモニターやウェブサイトに公開されるということは、普通の学生生活ではなかなか経験できないことです。番組の制作には責任が伴い、制作の過程ではさまざまな困難や壁にもぶつかりましたが、それを乗り越えて作品が完成した時の達成感は何にも代えがたいものだと実感することができました。

宇喜多秀一(敬愛学園高校出身)

市川市・葛飾区文化交流事業「山田洋次×井上ひさし展」

学内上映会市川市文学ミュージアム企画展のPR映像を制作。このほかにも、山田洋次と井上ひさしの作品に関するクイズラリーの企画や、山田洋次の監督作品『男はつらいよ』第1作の学内上映会を開催し、企画展のプロモーション活動に協力しました。クイズラリーでは掲出するクイズのバナーデザイン、上映会ではスクリーンの縫製や投影機器の操作なども学生たちで行いました。

今回の「山田洋次×井上ひさし展」の取り組みを通して、私は普段なかなか経験できない貴重な体験ができました。それは多くの人と関わることで一つの作品を作り上げるということです。最初はとても難しいことだと感じましたが、人と関わり一つの作品を作り上げるという一人ではできないことを体験し、今ではやりがいと達成感、そして人とのつながりの大切さを感じています。

道本 翔太(東葉高校出身)

Links

LinksLinksは、学生目線で政策情報学部の今を伝えるニューズレター『手を伸ばせば』の発行、学部公認ウェブサイト『政策情報ガイド』の企画・制作・運営を行っています。

政策情報ガイド別ウィンドウで開きます

今回のニューズレターでは「政策女子会」を取り上げました。女子会の明るく楽しい雰囲気をどうすれば読者にうまく伝え、楽しく読んでもらえるかを考えながら制作することは難しかったですが、楽しい作業でもありました。またメンバーと意見を出し合うことで新しい発見や違った見方をすることができ、より良いものを作り上げることができました。実際に印刷されたものを見た時はみんなで頑張って作ったものが形になった感動と達成感がありました。

山嵜 友里安(つばさ総合高校出身)