資格取得支援プログラム

授業の中で資格取得に必要な知識を修得できます!

取得をめざせる資格

政策情報学部では、教養科目及び専門科目の授業を履修、学修することで、以下の資格が取得できる知識を修得することができます。

地域政策コース・メディア情報コース共通資格

社会調査士

社会調査士とは、社会調査の知識や技術を用いて、世論や市場動向、社会事象等をとらえるできる能力を有する「調査の専門家」のことです。政策情報学部は、教養科目群に社会調査の基礎を学ぶ社会調査に関連する8科目(基礎統計、統計学、データ解析法、社会調査法(A)(B)、質的調査法、フィールドワーク実習、社会調査実習)を配当しています。
このうち指定の7科目を修得し、大学卒業時、社会調査協会に申請すれば、社会調査士の資格を得ることができます。

日商簿記

教養科目に簿記I・IIを配置しています。この授業を履修することで、日商簿記検定3級受験の基礎学力を有することができ、資格取得がめざせます。

地域政策コース

eco検定

eco検定(環境社会検定試験)は、「環境に関する幅広い知識を礎とし環境問題に積極的に取り組む“人づくり”と、環境と経済を両立させた“持続可能な社会づくり”」を目的とした検定です。今はどんなビジネスも行政職も、環境への配慮が欠かせなくなっており、多くの企業人・市民がこの検定に挑戦しています。これを大学で取得することは、就職の際にも有利です。政策情報学部の地域政策コースには、環境系の科目(環境経済論、温暖化論、エネルギー論、エコ・システム論等)を多数配置し、社会のニーズに対応できる環境知識の修得を図れるようにしていますが、特にこの検定受験を目指す科目として「環境学入門」があり、すでに数多くの合格者を出しています。

メディア情報コース

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定は、CGで表現するデザイナーやクリエイターをめざす者のためのもので、映画・アニメーション・ゲーム・CMなどのCG映像の制作において、一定条件(シナリオ・絵コンテ・日程・予算など)のもとに、映像表現技術やCG理論の知識、CGソフトウェアを効果的に用いる能力が求められます。
この検定試験を受験するための知識は、教養科目及びメディア情報コースに設置されている科目(映像基礎、画像表現基礎、3次元CG表現、画像表現、色彩学、表現メディア論、アニメーション表現等)を履修することで修得できます。

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定は、Webのコンセプトから運用までの知識の習得を評価する検定試験で、各種Webサイトのデザインにおいて、一定の条件(コンセプト・日程・予算など)のもとに、コンセプトメイキング・制作・テスト・評価・運用を行うための、知識や技術が求められることに対応できる多様な知識を測るものになっています。
この検定試験を受験するための知識は、教養科目及びメディア情報コースに設置されている科目(Web基礎、マルチメディア表現基礎、Webデザイン、色彩学、画像表現、MIDI表現、アニメーション表現等)を履修することで修得できます。

マルチメディア検定

マルチメディア検定は、全てのビジネスパーソンに求められるビジネスで使われるIT知識の習得を評価する検定試験で、コンピュータや周辺機器、インターネット、ディジタルコンテンツ、携帯電話、知的財産権、マルチメディアの社会応用などに関する幅広い知識を測ります。
この検定試験を受験するための知識は、教養科目及びメディア情報コースに設置されている科目(IT基礎、マルチメディア表現基礎、表現メディア論等)を履修することで修得できます。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

マイクロソフトオフィスのWord、Excel、PowerPointなどのスキルを客観的に証明するためのもので、この資格を取得することで、就職時のアピールになるほか、学習や作業の効率が向上するとして学生にも人気の資格です。
この検定試験を受験するための知識は、教養科目及びメディア情報コースに設置されている科目(情報基礎、IT基礎等)を履修することで修得できます。

ITパスポート

ITパスポート試験は、IT化された社会で働くすべての社会人が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験で、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験になっています。
この検定試験を受験するための知識は、教養科目及びメディア情報コースに設置されている科目(IT基礎、数と論理、プログラミング基礎、統計学、情報処理技術(ハードウェア)、情報処理技術(ソフトウェア)、データベース、ソフトウェア工学等)を履修することで修得できます。

基本情報技術者

基本情報技術者試験は、情報技術を用いた専門職に就く人が備えておくべきITに関する専門的な知識が証明できる国家試験で、プログラミング、データベース、セキュリティ、ネットワークなどの情報の専門的知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的基礎知識を問う試験になっています。
この検定試験を受験するための知識は、教養科目及びメディア情報コースに設置されている科目(IT基礎、数と論理、プログラミング基礎、統計学、情報処理技術(ハードウェア)、情報処理技術(ソフトウェア)、プログラミングB、データベース、ソフトウェア工学、システムネットワーク管理等)を履修することで修得できます。

Oracle Java認定資格(Java SE Bronze)

Oracle Java認定資格は、プログラミング言語Javaを用いた専門職に就く人が備えておくべきプログラミング能力が証明できる試験です。
この検定試験を受験するための知識は、教養科目及びメディア情報コースに設置されている科目(IT基礎、数と論理、プログラミング基礎、プログラミングB、データベース等)を履修することで修得できます。

Cisco認定資格(CCENT)

Cisco認定資格の中のCCENT資格は、ネットワーク通信機器を用いた専門職に就く人が備えておくべきネットワーク設営・運営の基礎能力が証明できる試験です。
この検定試験を受験するための知識は、教養科目及びメディア情報コースに設置されている科目(IT基礎、数と論理、プログラミング基礎、情報処理技術(ハードウェア)、ネットワークシステム管理等)を履修することで修得できます。

DTP検定

DTP検定は、雑誌や本などの編集デザインをする専門職に就く人が備えておくべき、フォント・レイアウトに関する専門能力が証明できる試験です。
この検定試験を受験するための知識は、教養科目及びメディア情報コースに設置されている科目(Webデザイン、画像表現、ドキュメント作成、表現メディア論、色彩学等)を履修することで修得できます。

奨励金・特待生制度

CUCでは、資格取得試験にチャレンジする学生を奨励金と特待生制度で支援しています。

資格合格者・挑戦者への給付金制度
資格取得コース「資格挑戦者・合格者への経済支援」

瑞穂会

日商簿記検定1~3級、税理士試験簿記論の自主学習を支援する勉強会です。
瑞穂会は専用の教室で空いた時間にいつでも勉強ができ、そして、簿記の専門教員として実績のある指導者が常駐しているので、学生の質問にすぐ対応できます。瑞穂会の講座は授業が比較的少ない平日の4・5限、土曜日は2・4限に開講しているものが多く、参加しやすい環境作りにも配慮しています。長期の休暇期間も平日の9時から17時まで指導・支援を行っています。休暇期間中の講座も、もちろん無料です。
同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨することで学習意欲が向上し、高いモチベーションを維持する学生が数多く、瑞穂会は全国平均を上回る合格率をあげています。

瑞穂会について

資格取得コース

資格を取得することは、社会で役立つ実践的な能力を身につけること。「資格取得コース」では実績と経験のある専門学校と提携し、資格のプロになる講義を行っています。

資格取得コースについて