楜沢ゼミ「卒業制作展」

学びの集大成、個性溢れる作品の数々

政策情報学部 楜沢順教授のゼミナールでは「芸術・メディア・表現」を研究テーマに、学生たちがイラスト、漫画、造形、映像、音楽、写真、アニメーションなど、さまざまな表現の技術と手法を学んでいます。毎年4年生の卒業前に開催される「卒業制作展」では、4年生が表現に関する学びの集大成として制作した作品の数々を展示しています。大学4年間で培った表現の技術と手法を活かし、思いを込めて制作した作品は個性に溢れるものばかりです。

2016年度「卒業制作展」作品紹介

期間:2017年2月21日(火)~2月26日(日)
会場:木内ギャラリー(千葉県市川市)

  • BOTTLE

    田代和正BOTTLE田代 和正
    (松戸高校出身)

    漂着したボトルの中にある地図の場所を描き、冒険したくなるような映像を作りました。3DCGの質感表現を研究し、実写に馴染むリアルさを追求しています。CGの良さを残しつつ、作られた感を感じさせない温かみを出しました。

  • Dragon God

    長田 麻鈴Dragon God長田 麻鈴
    (秀明八千代高校出身)

    私がドラムを担当するバンドのミュージックビデオを制作しました。シンフォニックパワーメタルの独特な疾走感、ボーカルの声がそれぞれの楽器の音に重なり響き渡っていくイメージを映像で表現しています。

  • Alice game

    高久綾香羊飼いの少女高久 綾香
    (矢板東高校出身)

    これまでぬいぐるみの制作に取り組んできましたが、単体の作品ではなく、複数を組み合わせて1つの魅せる作品にすることが卒業制作の目標。少女の顔は思い通りの表情に自分でペイントしています。4年間で身に付けたスキルを全部使って作りました。

  • ひたすらに

    赤澤希望Memento Mori赤澤 希望
    (穂高商業高校出身)

    愛知県豊田市の魅力をアートで発信するプロジェクトに参加し、制作した映像です。
    「生と死」をテーマに、まちに残る廃墟、廃線跡や美しい風景を1年を通して撮影し、生まれ変わるまちをイメージしました。CGのエフェクトも見どころです。

  • ドラムパフォーマンス

    長瀬 光貴ドラムパフォーマンス長瀬 光貴
    (流山北高校出身)

    バンドではドラムは裏方ですが、音源に合わせてドラムを叩くパフォーマンスの魅力は、ドラムが主役になれること。主役を意識すると技術の向上にも励めたし、何より楽しむことができました!

  • 怪盗スカーフ猫マント

    長谷川拓麿怪盗スカーフ猫マント長谷川 拓麿
    (大原高校出身)

    アナログと3DCGを組み合わせた漫画を描きました。遠い未来の宇宙を舞台とした、とても個性的な宇宙人の猫マントと刑事の物語です。自分らしいキャラを創造できました。

  • カスタムIEM

    カスタムIEM大河 卓巳
    (千葉経済大学附属高校出身)

    コンサートなどの音響モニタリングの仕事では、遮音性と音質に優れたイヤホンが必要。
    その仕組みを知りたいと思ったことがきっかけで、カスタマイズされた自分だけのイヤホンを手づくりしました。よりリアルで鮮明な音を楽しめます。

  • 7人の少女と罪

    君ヲ想フ野口 美智子
    (成田北高校出身)

    片想いする一途な女の子を表現したペーパークラフト。背景には「私だけを見て」を花言葉するパンジーを用いています。色や大きさが違う花びらを1つ1つ切り抜いて鉛筆で丸みをつけたり、毛糸をほどいて髪の毛を作る地道な作業も、ものづくりの面白さでした!