B.LEAGUE公式戦プロデュースに挑戦! 集まれ、ジェッツ女子! “スポ×かわ”なX'masマッチデー

サービス創造学部

2017年12月18日

X'masマッチデーサービス創造学部の学生たちが、12月23日(土・祝)・24日(日)に行われるB.LEAGUEのB1トップリーグに所属するプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」の公式戦(シーズン第14節)となる名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦をプロデュースします。

B.LEAGUE公式戦プロデュースに挑戦するのは、同学部の千葉ジェッツ・プロジェクト。バスケットボールを通じて、新しいスポーツ観戦の魅力を創造するために、マーケティング、セールス、プロモーションなどのスポーツ・マネジメントについて学ぶ、プロジェクト型の正課科目(科目名:プロジェクト実践3B/担当教員:中村聡宏サービス創造学部専任講師)です。同学部公式サポーター企業であり、千葉ジェッツを運営する株式会社千葉ジェッツふなばし(代表取締役社長:島田慎二氏)とコラボレーションした活動を通して、実社会で通用する企画力・運営力などを養うことを目的としています。

今年で8回目となる公式戦プロデュースは、千葉ジェッツの集客数増加、顧客満足度向上、企業収益やクラブ価値の増大をめざして、春学期からイベント企画、運営、広報、セールス活動、企業コラボレーション、書籍出版企画などに取り組んでいます。
今年度は、昨年度に同プロジェクトが展開した女性ブースター(ファン)「ジェッツ女子」ムーブメントを継承し、“スポーツ”と“かわいい”を掛け合わせた“スポ×かわ”をコンセプトに設定。「インスタ映え」を狙ったフォトブース、ファッションショー、プロスポーツ3球団のコラボレーションなどを通じてイベントを盛り上げます。
今シーズン、これまで千葉ジェッツホームゲーム6試合で、女性来場者向けに、ジェッツ女子フォトブースでの撮影イベントを実施。「写真をSNSに投稿して選手への応援メッセージを贈ろう」という特典で、SNSを活用したジェッツ女子の拡大を図り、本マッチデー当日の来場を告知してきました。当日の公式戦では、女性向けの企画を中心に、学生ならではのアイデアで試合を盛り上げます。
観戦する側から観戦サービスを提供する側へ。29名の学生たちの新たなサービス創造が、いよいよ本番を迎えます。

千葉商科大学マッチデー B.LEAGUE 2017-2018シーズン公式戦概要

日時 2017年12月23日(土・祝)・24日(日)
11:00開場 15:05開始
会場 船橋アリーナ(船橋市総合体育館)
千葉県船橋市習志野台7-5-1
対戦チーム 千葉ジェッツふなばし VS 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
イベント
    12月23日(土・祝)
  • 試合観戦のファッションコーディネートを提案。アパレル企業とコラボしたジェッツ女子ファッションショー!
    12月24日(日)
  • サービス創造学部公式サポーター企業「千葉ロッテマリーンズ」「ジェフユナイテッド市原・千葉」が参戦!マリーンズが誇るイケメン選手や、3球団のマスコットキャラクターなどによるフリースロー対決。
  • 抽選で当たる! 3球団コラボグッズや、サイン色紙があたるクリスマスプレゼント企画!
    12月23日(土・祝)・24日(日)2日間共通
  • 「インスタ映え」必至!ジェッツ女子ブース

サービス創造学部のプロジェクト活動について
単位認定される正課授業の一環として、学生自身が新しいサービスを企画・実行するプロジェクト。リアルなビジネスの世界に関われる、サービス創造学部ならではの学びのスタイルです。