3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)
アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

サービス創造学部では、サービスに関する以下のような倫理観、専門的な知識・技能、教養を一定のレベルを超えて身につけ、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、サービス創造人材として「経営学士」の学位を授与する。サービス創造人材とは、新たなサービスを創造することを通じて価値や効用を生み出し、個人や組織、社会を豊かにする人たちのことである。

高い倫理観

  • より良いサービスを提供しようとするサービス創造マインドおよびサービス創造する際に求められる判断基準としての道徳準則を遵守するための責任感。

専門的な知識・技能

  • サービス創造しようという意欲に基づく、サービス創造に関する知識及びサービス創造するための発想力・マネジメント力・マーティング力・アカウンティング力・情報科学力などの能力。

幅広い教養

  • 人間、組織、社会に対する強い関心を持ち、サービス創造のための発想、判断、行動する上で求められる普遍的で幅広い見識や知識、および豊かな人間性。

上記の力を身につけるためのカリキュラムを編成・実施し、所定の単位の修得により、学修成果を評価する。単位修得状況が一定の水準に満たない学生に対しては、面談等の実施により学修成果の把握・改善を行う。

▲ ページトップへ

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

サービス創造学部では、ディプロマ・ポリシーの達成のために、「学問から学ぶ」「企業から学ぶ」「活動から学ぶ」の「三つの学び」を中心とした以下のカリキュラムを体系的に編成し実施する。

初年次教育

多様な入学者がサービス創造学部での主体的な学びに適応し、4年間を通じた学修の基礎を身につけ、専門研究へ導入することができるように、少人数での初年次ゼミを実施する。初年次ゼミでは、大学生として必要な学修態度、コミュニケーションスキル(読む、書く、聞く、話す)を学ぶとともに、自身の今後の大学生活や進路を考える機会を提供するために、講義、課題演習、グループワークなど多面的な教育方法を取り入れる。

基礎教育

社会諸活動やサービス創造学部における学修活動を行う上で根幹となる基礎的な知識・技能を身につけるために、初年次より語学、情報、フィットネスなど、さらに2年次よりプロジェクトマネジメント、調査法などの基礎教育を実施する。受講者が主体的に学べるように、適宜、課題演習、グループディスカッション、プレゼンテーションなどの方法を取り入れる。

教養教育

幅広い人類の英知としての普遍的な知識を身につけ、「豊かな人間性」と「幅広い視野からものごとを判断する力」を育むために、初年次より教養教育を実施する。より多くの知識を体系的に供与し得るように、主として講義形式にて実施する。

キャリア教育

4年間の学修計画、その後のキャリアプランを自ら考え、自身の学修成果を実社会の課題解決に活かす力を身につけるため、2年次よりキャリア教育を実施する。実社会における業界、関連企業、そこでの職務等についての具体的な知識の修得、実社会で必要とされる企画力、判断力、コミュニケーション力、統率力などの実践機会の提供、さらには現実企業においての就業体験をするために、公式サポーター企業の協力を得て、実際の企業で活躍している実務家による企業セミナー、プロジェクト活動、インターンシップなどの教育機会を設け、実践的講義はもとより、濃密な体験学修の方法を取り入れる。

専門教育

実社会における諸課題を発見し、解決するための専門的な知識・技能を体系的な学修を通じて段階的に身につけるために、主たる6つの学問分野(サービス、経営学、マーケティング、会計学、情報、経済学)全てに入門科目を配置し、各学問において最低限必要とされる基礎知識や理論を修得させたうえで、より高度で応用的な知識や理論を修得するための発展的な専門教育を実施する。一定の専門知識を体系的に修得させるために、教育方法は主として講義形式を取り入れるが、必要に応じて適宜、ゲストスピーカーによる講演、グループワーク、ディスカッションなどを実施する。

ゼミナール教育

発展的な専門知識・技能を修得するために、2年次以降にゼミナール教育を実施する。この教育は、「学問から学ぶ」「企業から学ぶ」「活動から学ぶ」というサービス創造学部における「三つの学び」が総合的に活かされる場であり、それらの学びを通じて得られた知識を総動員し、担当教員や学生同士とのコミュニケーション、グループワーク、プレゼンテーションを通じて、研究のテーマを掘り下げ、4年次にはその集大成として卒業研究の成果物の完成を目指す。

さらに、サービス創造学部においては、各科目に到達目標、評価方法を具体的にシラバスに記載し、それらに基づいて学修成果を評価するとともに、科目ごとに初回の授業時に、到達目標、評価方法を学生に説明し、学生が計画的に学修を行えるようにする。
学生の能動的な学修の充実に向け、履修科目の登録上限の設定による1科目あたりの学修時間の増加をはかるとともに、ディスカッションや演習をともなうアクティブラーニング主体の授業においては履修人数の上限を設定し、教育効果の向上に努める。

▲ ページトップへ

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

サービス創造学部では、これからの社会で求められるサービス創造人材の育成をめざして、「学問から学ぶ」「企業から学ぶ」「活動から学ぶ」の「三つの学び」を中心としたカリキュラムを編成し、多くの公式サポーター企業の協力の下、教職員が一丸となって学生たちに繰り返し学び続ける機会を提供している。サービス創造学部では、そうした学びの機会を積極的に活用して他者とともに成長すると同時に、学部の教育と研究に貢献できる多様な人材を求めて、推薦入試、AO入試、一般入試、大学入試センター試験利用入試を実施している。

求める学生像

サービス創造学部が求める学生像は、下記の通りである。

  1. ビジョン(将来構想)とパッション(熱意)
    サービス創造に関する高い社会的関心を有し、自身の将来目標や学修目標を明確に設定し、サービス創造を学び続ける意欲のある学生を求めている。
  2. 基礎学力
    サービス創造の学びに必要となる基礎的な知識、思考力、表現力等を、高等学校までの教育で習得している学生を求めている。
  3. 協調性及び社会的マナー
    他者と責任を持って協働する態度、学内外の多様な人々と交流できる品格を備えた学生を求めている。
  4. 実行力
    目標達成に必要な物事を的確に見極め、それらを最後まで成し遂げることのできる学生を求めている。

入学者選抜の基本方針

  • 推薦入試及びAO入試
    1.ビジョン(将来構想)とパッション(熱意)、2.基礎学力、3.協調性及び社会的マナー、4.実行力の4点について、書類審査と面接審査を通じて総合的に判断し、合否を判定する。1.ビジョン(将来構想)とパッション(熱意)の審査では、将来目標や学修目標等を確認する。2.基礎学力の審査では、高等学校での学業成績や作文能力等を確認する。3.協調性及び社会的マナーの審査では、高等学校内外での協働経験や生活態度等を確認する。社会的に評価された活動実績等が有る場合は、4.実行力の審査で加点対象としている。合否判定における面接審査と書類審査の配点割合は、おおむね同じである。
    出願に当たっては、「学問から学ぶ」「企業から学ぶ」「活動から学ぶ」の「三つの学び」を中心とする学部カリキュラムを理解し、入学後の学修目標を具体的に定めてくると同時に、高等学校在学中に努力してきたことを詳しく説明できるように準備してくることを推奨する。給費生選抜入試では、通常の書類審査と面接審査に加えて、課題レポートやプレゼンテーションを審査し、様々な学びの場でリーダーとして活躍できる人物であると判断された場合は、給費生に認定する。
  • 一般入試及び大学入試センター試験利用入試
    サービス創造の学びに必要となる基礎学力(理解力、読解力、語学力、数理能力、社会的な基礎知識)を備えていることを、学力試験を通じて判断し、合否を判定する。学力試験では、高等学校の授業に準拠した内容について幅広い範囲から出題し、高等学校までに学んだことの理解度を確認する。総合評価型入試では、学力試験に加えて調査書などの出願書類を審査し、高校での学習状況や活動実績等を総合的に評価する。給費生選抜入試では、学力試験の成績が特に高い者を、学ぶ意欲の高い実行力のある人物と判断し、給費生に認定する。

▲ ページトップへ