【商経学部】ヨーロッパを知る連続セミナー 欧州学の創生をめざして

商経学部

2013年4月23日

商経学部では、「EUの統合をめぐる総合的研究」(代表:師尾晶子商経学部教授)による「ヨーロッパを知る連続セミナー」を開講します。
本講座はヨーロッパの統合に関し、多角的な視座で考える講座です。ヨーロッパの人々にとっての古典古代すなわち古代ギリシア・ローマから昨今のヨーロッパ 金融危機まで、"統合"が欧州社会にもたらす作用、そして日本との比較をまじえながら、全7回にわたって講義を行います。
参加は無料で事前の予約は不要ですので、お気軽にご参加ください。

ヨーロッパを知る連続セミナーpdf

日程 5月9日(木)、6月4日(火)、7月2日(火)、10月1日(火)、11月7日(木)、12月3日(火)、1月未定(火)
時 間 各回18時10分~(1時間程度)※初回講義のみ18時30分開始
場 所 千葉商科大学4号館414教室
※お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
アクセスマップ
対 象 者 どなたでも受講いただけます
定 員 80名
講座お申し込み先 酒井志延商経学部教授
【E-mail】shien@cuc.ac.jp

 ◆ヨーロッパを知る連続セミナー

第1回 5月9日(木) 「マックス・ヴェーバーの比較宗教社会学とヨーロッパ意識」
講師:荒川俊彦商経学部専任講師
第2回 6月4日(火) 「ドイツの福祉政策‐‐‐公的介護保険制度と在宅の要介護者の現状と課題」
講師:齋藤香里商経学部専任講師
第3回 7月2日(火) 「EUにおける金融市場監督の展望-金融危機の教訓と課題-」
講師:三田村智商経学部准教授
第4回 10月1日(火) 「クラシックスとは何か-ヨーロッパにおける古典古代の発見と受容の歴史」(仮題)
講師:師尾晶子商経学部教授
第5回 11月7日(木) 「"Res Publica"にかんする一考察 —古代ローマ:「十二表法」の規定から—」(仮題)
講師:藤野奈津子商経学部准教授
第6回 12月3日(火) 「ソーシャルファイナンスの発展と地域性—日・米・英の比較から—」(仮題)
講師:藤原七恵商経学部教授
第7回 1月未定(火)  

Get Adobe® Reader®

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロードしてください。