「デジタルコンテンツアセッサ(DCA)」千葉商科大学で初の資格認定授与式を開催

お知らせ

2014年6月25日

インターネットを安心・安全に利用するための態度や知識、技能を身に付けることを目的としたデジタルコンテンツアセッサ(以下DCA)資格に、初の認定者が誕生しました。
これを受け、本学では、下記の通り、資格認定授与式を開催することになりました。

DCA資格は、インターネットのクレディビリティ(信頼性)を確保することを目的として、一般社団法人インターネットコンテンツ審査・監視機構(以下I-ROI)が2013年に開発した資格制度です。
3級から1級までの段階があり、3級はユーザ向けの基礎知識、2級は特定サーバー管理者などのための実務知識、1級はコンサルタントやインストラクターを務めることができる高度な能力が認定されます。

本学は同資格の初回認定教育機関として、情報科目を必修とする商経学部または政策情報学部で、指定のカリキュラムを修得し、申請を行うことでDCA 3級の資格を取得できる仕組みとしています。
このたびの授与式は、初の資格認定となる11名(認定校全体で29名)の本学学生に対して行うものです。


◆デジタルコンテンツアセッサ(DCA)3級資格認定授与式
【日 時】2014年6月27日(金)16:20~16:50 (開場16:10)
【会 場】千葉商科大学 本館3階 3-1会議室
【内 容】授与式、学長挨拶、I-ROI代表理事挨拶、フォトセッション
【出席者】
千葉商科大学 学長 島田 晴雄
千葉商科大学 情報基盤センター長 柏木 将宏(政策情報学部 教授)
一般社団法人インターネットコンテンツ審査監視機構(I-ROI) 代表理事 白鳥 令 氏

 

【お問合せ先】
千葉商科大学 戦略広報センター
[Tel] 047-373-9968 [E-mail] p-info@cuc.ac.jp