千葉県弁護士会と包括協定を締結しました

お知らせ

2019年2月7日

1月16日(水)、本学と千葉県弁護士会は、地域社会と双方の発展ならびに人材育成に寄与に資するため、法律に関する教育活動、共同研究事業活動等の協力連携に関する包括協定を締結しました。

千葉県弁護士会は、千葉県内に法律事務所を有する弁護士や弁護士法人約800名を会員とした明治26年設立の歴史ある団体です。社会問題や人権問題に取り組むほか各種委員会活動をはじめとしたさまざまな公益活動を積極的に、人々に身近で寄り添った取り組みを行っています。

千葉県弁護士会と大学が、これらを目的とした包括協定を締結するのは初の試みです。本学の建学理念である次世代を担う「高徳の実業人」育成の観点において基本となる法律的・倫理的知見を培うことは大変意義があり、このたびの包括協定締結により、千葉県弁護士会との相互提携によって双方が持つ知見を活かした社会貢献をめざします。