入試案内(学部)

大学入試センター試験利用入試 前期(3科目・給費生選抜)

大学入試センター試験の成績のみで合否判定する入試

【全学部共通】商経、政策情報、サービス創造、人間社会、国際教養

試験日程等

出願受付期間 [郵送※1]平成30年1月5日(金)~22日(月)
[窓口※2]1月23日(火)
試験日 1月13日(土)、14日(日) *大学入試センター試験日
合格発表日 2月10日(土)
入学手続締切日 第1次 [郵送※1]2月21日(水)
[窓口※2]2月22日(木)
第2次 [郵送※1]3月7日(水)
[窓口※2]3月8日(木)

※1 出願および入学手続きは郵送受付とし、郵送受付締切日消印有効とします。
※2 窓口受付日のみ、千葉商科大学 本館1階 入学センターで9:00から17:00まで窓口受付を行います。

試験教科・科目等(本学独自の個別学力検査等は課しません)

本学が指定する平成30年度大学入試センター試験の教科・科目の成績により、合否を判定します。
指定の教科・科目を1科目でも受験していない場合は、合否の判定対象とはなりません。

【教科】科目 選択区分 配点等
【外国語】
英語※1、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語から1科目
必須 100点に換算
【国語】
国語(近代以降の文章のみ)
必須 100点
【地理歴史・公民】
世界史A、世界史B、日本史A、日本史B、地理A、地理B、現代社会、倫理、政治・経済、倫政経※2から1科目
1科目を選択 ○100点
○2教科・科目以上受験した場合は、高得点の科目を合否判定に使用します。
○理科の基礎を付した科目は、2科目で1科目選択として扱います。
【数学】
数学Ⅰ、数学Ⅰ・数学A、数学Ⅱ、数学Ⅱ・数学B、簿記・会計、情報関係基礎から1科目
【理科】
物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から2科目
又は物理、化学、生物、地学から1科目

※1 リスニングテスト未受験の場合、英語は欠席扱いとなります。
※2 倫政経とは、『倫理、政治・経済』を示します。
※3 平成29年度(前年度)以前の大学入試センター試験の成績は、利用できません。
※4 大学入試センター発行の受験票(写真付)は、入学手続き時に必要となりますので、大切に保管してください。

募集人員

学部 学科 募集人員
商経学部 商学科 15(3)名
経済学科 15(2)名
経営学科 15(2)名
政策情報学部 5(2)名
サービス創造学部 5(2)名
人間社会学部 10(3)名
国際教養学部 5(3)名

※( )内は給費生数を示し、募集人員の内数とします。

出願資格

次のいずれかに該当する者で、かつ「平成30年度大学入試センター試験」において、本学が指定する教科・科目を受験した者とします。
なお、本学独自の個別学力検査等は課しません。

  • (1) 高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び平成30年3月卒業見込みの者
  • (2) 通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成30年3月修了見込みの者
  • (3) 学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び平成30年3月31日までにこれに該当する見込みの者

出願書類

書類等 摘 要
1 志願票及び写真カード
本学所定、写真貼付
2 調査書等
厳封したもの
3 診断書
疾病等により、受験及び就学に配慮を必要とする者のみ
該当者は、出願する前に必ず本学入学センターに相談してください。
4 平成30年度大学入試センター試験成績請求票
私立大学用

インターネットから出願する

入学検定料

10,000円
※大学入試センター試験利用入試(前期)と一般入試(前期)を同時に出願すると、大学入試センター試験利用入試(前期)の入学検定料が5,000円に割引されます。
※検定料10,000円で5学部7学科を併願できます。併願学科数にかかわらず、入学検定料は変わりません。

入学検定料

試験会場

本学独自の個別学力検査等は課しませんので、会場はございません。

給費生選抜について

大学入試センター試験の成績等により、初年度年間授業料半額免除の給費生を選抜します。所定の成績基準を満たすことで2年次以降も減免を継続することができます。なお、給費生として選抜されない場合でも、合格基準に達していれば大学入試センター試験利用入試の合格者となります。

給費生選抜入試制度

関連リンク

大学入試センター試験利用入試へ戻る