入試案内(学部)

一般入試・センター利用入試のポイント

Point1 初年度年間授業料半額免除のチャンス!給費生選抜入試

一般入試、センター試験利用入試で給費生を選抜する制度を設けており、 それぞれの入試での上位合格者が給費生となります。
減免金額は初年度年間授業料の半額とし、入学後も成績優秀であれば2年次以降も減免を継続することも可能。
(給費生に採用されない場合でも、合格基準に達していれば合格者となります)

合格者Voice
「給費生入試があることで、受験を決断しました!」

矢内 香織さん サービス創造学部サービス創造学科1年 群馬県 太田女子高校出身

受験は東洋大学国際観光学部との併願でした。学びたい学問と就職率が高い千葉商科大学に、給費生選抜入試があることを知って受験を決断。 結果、給費生で合格できて、サービス創造学部への入学を決めました。

 給費生選抜入試制度

Point2 学力試験と提出書類を組合わせて評価します!総合評価型入試

学力試験(一般入試・センター試験利用入試)の得点と、提出書類(主に調査書)の評価点を総合的に判断して、合否判定を行います。
学力試験200点、提出書類40点の計240点。書類評価の内容は評定平均値・出欠状況・取得検定資格・クラブ活動等です。

合格者Voice
「評定平均に自信があったので総合評価型入試を選びました!」

猿田 乃彩さん 商経学部経営学科1年 茨城県 日立北高校出身

高校3年間、欠席もなく評定平均も取れていたので、提出書類の加点がある総合評価型入試は自分に有利かもと思いました。 私の場合はセンター試験の得点が少し足りなかったのですが、結果的に提出書類の評価点で救われました。 大学独自の色々な入試のタイプがあり、それを理解しておくことが必要だと強く感じました。

 一般入試 前期(2科目・総合評価型)

 一般入試 後期(2科目・総合評価型)

 大学入試センター試験利用入試 中期(2科目・総合評価型)

Point3 複数学部(学科)の同時併願が可能!一般入試(全学部統一試験)・センター試験利用入試

1度の入試で最大5学部7学科を同時に併願できる、一般入試とセンター試験利用入試があります。また、この制度は1日分の入学検定料で併願することが可能です。(センター試験利用入試中期2科目・総合評価型を除く)

 一般入試 前期(3科目・全学部統一試験)

 一般入試 中期(2科目・全学部統一試験)

 一般入試 後期(2科目・全学部統一試験)

 大学入試センター試験利用入試

Point4 入学検定料割引制度

複数日受験と併願でお得になる割引制度
一般入試(前期)で複数日受験をすると、入学検定料が割引になります。 また、一般入試前期3科目、中期2科目、後期2科目の全学部統一試験において、1日分の検定料32,000円で5学部7学科を併願することができます。

1日受験…32,000円
2日受験…35,000円(通常32,000×2=64,000円)
3日受験…45,000円(通常32,000×3=96,000円)
4日受験…55,000円(通常32,000×4=128,000円)

「センター」で併願するとお得になる割引制度
大学入試センター試験利用入試において、前期3科目、中期2科目、後期2科目の試験区分で、5学部7学科までいくつ学科を併願しても検定料は10,000円です。(中期2科目・総合評価型は併願不可のため除く)

「一般」と「センター」の同時出願でお得になる割引制度
一般入試(前期)と大学入試センター試験利用入試(前期)を同時に出願すると、大学入試センター試験利用入試(前期)の入学検定料が10,000円から5,000円に割引されます。(オンライン支払い可能)

北海道および沖縄県在住の受験生がお得になる割引制度
北海道および沖縄県に在住の受験生が本学を受験する場合、入学検定料32,000円が無料になります。(大学入試センター試験利用入試を除く)

1日分の検定料で総合評価型に同時出願が可能
一般入試の前期2科目、後期2科目の志願者はそれぞれの総合評価型入試に同時併願することが可能です。その場合、1日分の検定料(32,000円)で出願が可能です。また大学入試センター試験利用入試の中期2科目(5学部7学科併願可)志願者は、中期2科目・総合評価型(併願不可)に同時出願することができます。その場合、検定料10,000円で出願が可能です。

大規模自然災害等に係る受験者への経済的支援制度
本学への進学を希望している被災地の志願者に経済的支援を実施いたします。

 大規模自然災害等に係る受験者への経済的支援

Point5 英検などの「英語」の能力を判定する外部検定試験の結果を入試に利用できます

一般入試(前期3科目・給費生選抜)では、本学が指定する英語検定試験の基準を満たし、その証明資料が提出された場合「みなし得点」を付与し、英語試験の得点として扱います。
なお、本学の英語試験の受験は自由選択とし、英語試験を受験した場合は、「みなし得点」と比較して高い方の点数を合否判定に使用します。

<みなし得点対応英語検定試験等ポイント表>            
みなし得点 90点 80点 70点
対応ポイント 4ポイント 3ポイント 2ポイント
主催団体等 日本英語検定協会 2級以上 2級1次合格 準2級
全国商業高等学校協会 - - 1級
TOEIC® 550以上 549~470 469~390
TOEIC Bridge® 170以上 169~160 159~150
TOEFL iBT® 42以上 41~36 35~30
GTEC CBT 1000以上 999~850 849~700
GTEC(3技能版) 675以上 674~580 579~485
IELTS 4.0以上 - 3.0
  • ※1.「みなし得点」は、受験票に記載して通知します。
  •  2. 中学校卒業後から出願時までに取得した資格とします。
  •  3. TOEIC®は、Listening & Reading(L&R)とし、IPテストは不可とします。
  •  4. GTEC(3技能版)(Reading + Listening + Writing)は、オフィシャルスコアのみとします。
  •  5. IELTSは、アカデミック・モジュールとします。

  • 合格者Voice
    「取得していた英語検定(GTEC)を利用して、一般入試を有利にすすめました」

    伊藤 瑠菜さん 商経学部商学科1年 新潟県 新発田高校出身

    英語検定の成績が一般入試の得点になる「みなし得点制度」を知り、千葉商科大学を受験しました。私の場合はGTECの得点があったため、英語で高い点数を取ることができました。結果的に給費生としても合格ができ、自分にあった入試でチャレンジできて本当に良かったです。

Point6 インターネット出願

出願期間内にインターネットで出願登録と検定料の支払いをし、出願書類を期日までに大学へ郵送してください。

 インターネット出願

Point7 地方入試

各地方からの受験生のために全学部で地方入試を行います。
一般入試(前期3科目・給費生選抜)では盛岡、郡山、新潟、水戸、さいたま、静岡で実施します。

 地方入試会場

また、自宅から大学までの通学時間が120分以上の方で、CUC指定の学生寮・学生マンションに入居する場合に限り、初年度最大45万円の補助があります。

 一人暮らし支援制度

Point8 受験生のご家族に本学卒業生または在学生がいる場合は、初年度納入金が10万円免除になります

受験生の2親等以内に本学卒業生または在学生がいる場合、入学金から10万円が免除になります。

 卒業生子女等入学金減免制度

入試案内(学部)へ戻る