大学院アドミッション・ポリシー

【博士課程】政策研究科

アドミッション・ポリシー

政策研究科の教育・研究では、問題発見・問題設定・政策立案・実行・評価から問題の再設定に至る発展的反復のプロセスを「政策スパイラル」と呼び、知の再編成の中核においています。政策研究科は、このような「政策スパイラル」という実際の政策実践を研究対象とし、この分野における高度な学術研究の成果を身につけた専門家の養成を行うとともに、政策研究のための人材・資源を集積し、研究水準の飛躍的向上のための研究体制を整備し、政策に関する教育・研究の拠点を形成することを目的としています。

政策研究科は、この目的にふさわしい資質と能力を備えている者を受け入れるため、本学大学院修士課程修了者だけでなく、他大学の多様な学術分野の修士課程修了者、留学生および社会人を積極的に受け入れています。具体的には次のような資質と能力を持つ者を受け入れています。

  1. 研究者として自立して研究活動を行い、または高度な専門的職務に従事するために必要な専門知識および実践的応用能力を習得しようとする者
  2. 「政策スパイラル」による政策研究において、独創的な問題意識・課題設定により博士論文を書き上げる強い意思を持っている者
  3. 政策研究を通じ、実践的な研究を進化させることにより、社会に貢献しようとする者
  4. 知的好奇心に富み、自主的に学び研究する意欲と未来を切り開いて行こうとする情熱を持っている者

▲ ページトップへ

【修士課程】商学研究科

アドミッション・ポリシー

商学研究科は、商学、経営学、会計学の研究領域を効率的、総合的に生かし、新時代ビジネスに対応できる「知の創造」の教育センターとなることを目指しています。

商学研究科はこの趣旨に沿って、3つの研究領域を体系化し、ビジネスだけに限定せず、あらゆる分野に対応でき、広い視野でものごとを捉えることができる商学、経営学、会計学の専門研究者の育成と高度なキャリアを有する人材の養成を図ることを目的としています。

商学研究科は、この目的にふさわしい次のような能力、資質を持つ学生を受け入れています。

  1. 商学・経営学・会計学の理論と応用との研究能力を高め、高度の専門的知識および実践能力を身につけたいと考えている者
  2. 商学・経営学・会計学の基本を理解し、自らの問題意識にそった研究テーマを具体的に決めており、修士論文を書き上げる強い意思と能力を持っている者
  3. 会計学分野の基礎的知識を持ち、高度で専門的な業務に従事するために必要な能力を修得しようとする意欲のある者
  4. 深い教養と実践的な専門性を身につけ、適切な問題解決能力を修得しようとする意欲と情熱を持っている者

▲ ページトップへ

【修士課程】経済学研究科

アドミッション・ポリシー

経済学研究科は、経済に関する分野を専門的かつ総合的に研究し、基礎及び応用理論の修得に基づく知的創造能力の構築を図るための教育のセンターとなることを目指しています。経済学の研究能力の涵養とグローバルな経済問題に対処できる高度専門職従事者の養成を図ることを目的としています。

経済学研究科は、この目的にふさわしい次のような能力と資質を持つ学生を受け入れています。

  1. 研究者を目指し、博士後期課程への進学を目指す者—経済学の理論と応用との研究能力を高め、高度な専門的知識および実践的応用能力を身につけたいと考えている者
  2. シンクタンク等の調査・研究の高度な専門的知識・能力を持つ職業を目指す者—経済学の基本を理解し、自らの問題意識にそった研究テーマを具体的に決めており、修士論文を書き上げる強い意思を持っている者
  3. 公務員・税理士・公認会計士等の高度専門性を有する専門職を目指す者—経済学の基本を理解し、高度で専門的な業務に従事するために必要な能力を修得しようとする意欲のある者
  4. 内外の経済や企業を研究し、経済界において中枢として活躍することを目指す者—幅広く深い教養と実践的な専門性を身につけ、自主的に学ぶ姿勢と未来を切り開いていこうとする情熱を持っている者

▲ ページトップへ

【修士課程】政策情報学研究科

アドミッション・ポリシー

政策情報学研究科は、新しい「知と方法」の開発・創造と伝達のために2つのコンピタンス(ポリシー・コンピタンスとコミュニケーション・コンピタンス)の修得を狙いとして、実学的で多彩なカリキュラムを組み、新しいタイプの高度専門職能人の育成を目指すばかりでなく、博士課程へ進学し政策情報学を学術的に研究する高度な政策科学を駆使する「治道家」として社会に貢献することを天職とする人材育成をも目的とします。

政策情報学研究科は、この目的にふさわしい能力を持つ学生を受け入れるため、本学学部卒業生に限らず、一般社会人、実務経験者、自治体や非営利組織あるいは民間企業などの専門実務家など、広く門戸を開いています。具体的には、次のような資質と能力を備えている者を受け入れています。

  1. 現実の諸問題に即して新しい「知と方法」の開発(研究)を積極的に探求しようとする強い熱意のある者
  2. 新しい超領域的な「知と方法」を改めて修得し、実社会でのスキルアップを図りたいと考えている者
  3. 地域社会との交流を通して、産業活性化のためのまちづくり、イベントづくり、環境づくりなどの積極的に参加し、地域社会との知的交流基盤を新たに築き上げてげていこうという気概のある者
  4. 知的好奇心に富み、自主的に学ぼうとする意欲と基礎的な学力を有する者

▲ ページトップへ

【専門職学位課程】会計ファイナンス研究科

アドミッション・ポリシー

会計ファイナンス研究科は「会計・税務」と「ファイナンス」を両輪に、それらの理論を学び、実践できる力を育むとともに、高い倫理性を身につけた高度な専門職職業人を育成することを目的としています。

会計ファイナンス研究科は、高度専門職業人に必要な能力を修得する意思を持ち、つぎの職業をめざす、または目標を明確にもっている学生を受け入れます。

  1. 高い倫理観を持った公認会計士や税理士等を目指す者
  2. 高い倫理観を持ったファイナンシャル・プランナーなどを目指し、個人や中小企業などの財務の専門家を目指す者
  3. 企業、公共団体、NPOの財務・経理部門、経営にかかわる部門で、高い倫理観を醸成すると共に自己のキャリアアップを目指す者
  4. 「会計・税務」と「ファイナンス」に興味を持ち、幅広く深い知識を修得し、研究分野において自己のキャリア形成を目指す者

▲ ページトップへ