市川市との包括協定

CUCは、2008(平成20)年5月に市川市と包括協定を締結しています。
この包括協定は、次の6分野について本学と市川市が連携・交流・協働し、地域社会の発展及び人材育成に寄与することを目的としています。
2014年度に人間社会学部を開設したことに伴い、新たに「福祉・健康分野」での連携に取り組むことになり、内容を改定した協定書を2014(平成26)年6月に締結しました。
これまでより幅広い分野での地域・社会貢献の一環の中で、学生たちが実学教育の実践に取り組みます。

  1. ICT
  2. 文化・国際
  3. 福祉・健康
  4. 環境
  5. まちづくり・産業振興
  6. 災害

2008年以前、千葉商科大学(学校法人千葉学園)と市川市は、官学協働の観点から様々な分野で連携し、地域の活性化に向けた取り組みを行ってきました。個々の部門で行なわれていた連携を再編成し、さらに充実した取り組みを組織的に実現させ、千葉商科大学と市川市との連携を将来に向けて確固たるものにすることで合意に至り、千葉商科大学の創立80周年記念式典が挙行された2008年5月25日(日)に包括協定を締結しました。

市川市Webサイトの関連記事

事業計画/事業報告書

2017(平成29)年度分野別事業計画(一覧表)[PDF](294KB)

6つの分野

6つの各分野における取り組みを紹介します。

6つの分野の詳細

包括協定推進協議会

包括協定推進協議会が活動実績の検証と課題を確認し、包括協定を推進していきます。

包括協定推進協議会の詳細