神保研究室

研究内容

研究概要

 専門分野は数値物理学 (素粒子論に基づいて高エネルギー加速器実験の数値シミュレーションを行う) で,高エネルギー加速器研究機構 (KEK) のプロジェクトに加わり,超対称性粒子生成反応の自動計算システムの開発サブグループに所属しています。

数値物理学 (素粒子物理学分野) 関係

研究業績一覧

  1. researchmap 研究者(詳細情報) (外部リンク)
  2. J-GLOBAL 研究者(詳細情報) [科学技術総合リンクセンター] (外部リンク)
  3. 口頭発表リスト (外部リンク)
  4. 千葉商科大学 教員一覧 (神保雅人)

平成30年度の研究業績

  1. 論文
  1. "One-loop effects of Minimal Supersymmetric Standard Model particles in e-e+Zh and e-e+ννh at the International Linear Collider"
    Yusaku Kouda, Tadashi Kon, Yoshimasa Kurihara, Tadashi Ishikawa, Masato Jimbo, Kiyoshi Kato and Masaaki Kuroda
    Progress of Theoretical and Experimental Physics, 2018 (8): 083B03 (9 pages).
    DOI: 10.1093/ptep/pty084 (外部リンク)
    2018年 8月
  1. 口頭発表
  1. "偏極ビームを用いたe+e-→W+W-の1loop効果によるMSSMの検証可能性"
    共同発表者:奈良遼太郎 (登壇者), 國府田優作, 名倉琢人, 近匡, 植田高寛, 柳生慶,
    神保雅人, 石川正, 栗原良将, 藤本順平, 加藤潔, 黒田正明
    日本物理学会 2018年秋季大会 (於 信州大学)
    2018年 9月17日
  2. "GRACE/SUSYを用いたLHeCでの単独higgs生成における1loop効果によるMSSMの検証可能性"
    共同発表者:國府田優作 (登壇者), 奈良遼太郎, 名倉琢人, 近匡, 植田高寛, 柳生慶,
    神保雅人, 石川正, 栗原良将, 藤本順平, 加藤潔, 黒田正明
    日本物理学会 2018年秋季大会 (於 信州大学)
    2018年 9月17日
  3. "2HDMにおけるILCでのHiggs対生成"
    共同発表者:名倉琢人 (登壇者), 國府田優作, 奈良遼太郎, 近匡, 植田高寛, 柳生慶,
    神保雅人, 石川正, 栗原良将, 藤本順平, 加藤潔, 黒田正明
    日本物理学会 2018年秋季大会 (於 信州大学)
    2018年 9月14日
  1. その他

着任後過年度分の研究業績

 こちらに移動しました。

論文等の検索

  1. INSPIRE: Publication List of JIMBO, Masato (外部リンク)
  2. ResearchGate (外部リンク)
  3. ORCID (外部リンク)
  4. Scopus (外部リンク)
  5. Google Scholar (外部リンク)
  6. CiNii (外部リンク)
  7. 国立国会図書館サーチ (外部リンク)