論叢・紀要

千葉商科大学国府台学会は、本学教員の学術研究活動の成果を「千葉商大論叢」「千葉商大紀要」としてそれぞれ年3回発行しています。
※PDF版は学術リポジトリより閲覧いただけます。

千葉商大論叢

第59巻 第3号

2022年3月

論説

  • 信頼,信認,信用の基本構造(I)—金融論の核心— 齊藤 壽彦
  • サステナビリティ時代の金融能力論—リテラシー・コンピテンシー・ケイパビリティ・キャパシティー— 伊藤 宏一
  • 余剰分配問題におけるShapley値流の解の特徴付けについて 内海 幸久
  • 「ワークライフ・インテグレーション」と「働き方改革」 奥寺 葵
  • 収益費用アプローチにおける資産の内容に関する一考察 千葉 啓司
  • 韓国における付加価値税法上の電子税金計算書(Electronic Tax Invoice)制度に関する一考察 趙 珍姫
  • 電子帳簿保存法(電子取引)の改正が電子的監査証拠に与える影響 中村 元彦
  • CSVをもたらす企業システムの構造分析—ネスレ日本を事例として— 安藤 崇
  • NFT(ノンファンジブルトークン)の譲渡による所得は譲渡所得か? もしそうであれば非課税所得か? —NFTの「生活に通常必要な動産」該当性— 泉 絢也
  • 日本におけるMaaSの実証実験の取り組みに関する研究 仲野 友樹
  • 日本の老舗企業の永続主義とリスクマネジメント—近江商人の「三方よし」の精神にみるSDGs的経営— 仁平 京子
  • インクルーシブ・ビジネスの理論的系譜に対する倫理学的考察 影浦 亮平/堀口 朋亨
  • 変動相場制下の小国における経済開放度が景気循環に与える影響 中尾 将人
  • 擬人化性の知覚が消費者行動に及ぼす影響 西井 真祐子
  • コロナ禍とサスティナビリティにかかる国際契約の課題と展望—グローバル・リスク管理と実務対応— 藤川 信夫

研究ノート

  • 環境と経済学から見た環境経営学への視座 滝澤 淳浩

その他

  • 2021年学外研究活動報告

千葉商大論叢 第59巻 第3号

千葉商大紀要

第59巻 第3号

2022年3月

論説

  • 墓参における伝統の創造と現世利益—東京都23区民の生活意識調査から— 荒川 敏彦
  • 教育実習に関する効果的な事前・事後教育の検討—実習中に求められる「道徳的態度」について(1)— 相良 麻里/相良 陽一郎
  • 英語聴解で学習困難を持つ児童を識別するための研究 酒井 志延/土屋 佳雅里
  • 日本の近代期における外来野菜の導入過程と主産地形成との関わり(I)—北海道のタマネギ生産地域を事例に— 田野 宏
  • 漢学の革命と革命の漢学—遠藤隆吉の「漢学の革命」をめぐって— 趙 軍
  • NFT(ノンファンジブルトークン)の損失に対する損益通算・雑損控除の適用—NFTの「生活に通常必要でない資産」該当性— 泉 絢也
  • SPI模試にみる大学入学前教育の成果と課題—eラーニングの取り組みの評価— 大塚 茂晃
  • 日本における市民マラソン大会の動向と今後の展望に関する考察 山田 耕生
  • 貧困問題から格差問題へ—ベトナムの貧困・格差政策の動向— グェン トゥイ

その他

  • 2021年学外研究活動報告

千葉商大紀要 第59巻 第3号