地域連携商品・サービス開発

地域サービスを創造する視点で企画立案や商品・サービス企画開発を実践する

テーマ紹介

プロジェクトでは、千葉商科大学の所在する千葉県市川市の「特産品」や「地域資源」、「地域ブランド」(千葉県産、市川産など)、名物(ご当地グルメ)、第6次産品(農業や水産業などの第一次産業が、食品加工・流通販売にまで業務展開する経営形態)による地域活性化、シティ・プロモーション(自治体の広報)、エリア・マーケティング(地域マーケティング)、農作物のマーケティングなどをテーマに、地域連携や社会連携につながる活動を行います。
そして、プロジェクトの組織メンバーは、千葉県や市川市の「地元出身者」の学生だけではなく、全国各地の「他地域出身者」の学生から構成されている点にも特徴があります。だからこそ、このプロジェクトでは、「地域ダイバーシティ(地域多様性)」の視点から、「地域資源」を生かした付加価値のある「地域商品・地域サービス」の創造を生み出す発想力や原動力につながっているといえます。

活動紹介

プロジェクトでは、サービス創造の中でも「地域サービスを創造する」という視点から、学生が、STPマーケティングや4P、エリア・マーケティング、農作物のマーケティングに関わるマーケティングや消費者行動の理論、マーケティング・リサーチ、フィールドワークなどに基づいて、商品・サービスの企画開発から販売までの一連のプロセスを実践していきます。
今年度は、現代的な地域課題を分析するために、市川市の特産品(市川梨(なし)、市川とまと(トマト)、市川いちご(イチゴ)、行徳の海苔、ホンビノス貝など)や市川市民の花バラ(薔薇)、農作物のフードロス(食品ロス)問題、生産者と消費者へのSDGs(持続可能な開発目標)の啓蒙活動、道の駅いちかわの流通チャネル戦略、ご当地キャラクターによるコミュニケーション戦略などのキーワードを切り口にしながら、地域企業や生産者協働組合、自治体などに向けた企画立案や商品・サービス企画開発を行っています。

地域連携商品・サービス開発
地域連携商品・サービス開発

学生の声

サービス創造学科 笹本 鈴
私は、プロジェクト実践の授業ならではの「マーケティング」や「サービス」についての学びを通して、サービス創造学部の魅力を全国に情報発信していきたいです。そのためには、個人の力や強みを生かしてメンバー全員で新たな地域サービスの創造に繋がる活動に取り組みたいと思います。そして、私は、地域企業や生産者、自治体との連携や社会貢献活動を通じて多くの「経験」から学び、さまざまなスキルを身につけていきたいです。

サービス創造学科 須藤 剛之
私たちのプロジェクトは、「地域サービスを創造する」というコンセプトから、主に、千葉県や市川市を対象に、地域の課題解決や地域経済の活性化を目指しています。私の地元は、千葉県のため、プロジェクト活動を通じて多くの生活者に千葉県や市川市の「地域の魅力」を伝えたいです。また、学生が主体となり、メンバー一人ひとりが地域サービスのアイデアを創造し、企画の実現に向けて協力し合える関係を築いていきたいです。

教員の声

学生に学んで欲しいこと
プロジェクト学生には、企画立案やフィールドワークにおいて、「三方よし(買い手よし、売り手よし、世間よし)」の経営哲学(ビジネスモデル)、つまり、win-winの関係(自分と相手の両者が利益を得る関係)をモットーに、「三方よし」のビジネスの考え方を地域社会に広める活動を行ってほしいです。そして、「サービス」を発想の起点としながら、マーケティング論や経営学、会計学、情報学、経済学などの「理論」をもとにして、プロジェクト活動での「実践」を通じて、企画の「戦略」や「付加価値」をクリエイティブに考える視点を身につけてください。

学生に期待すること
プロジェクト学生には、サービス創造学部の学生として、常に、「サービス創造やマーケティングのマインド(心、精神)」を持ち、将来、地域企業や生産者、自治体などの多様な組織メンバーとの協働(コラボレーション)を通じて、全国各地のさまざまな地域の地域活性化や地域社会の持続可能性につながるような職業人を目指してほしいです。 そして、企業を前提としたマーケティングやサービスの考え方を地域社会に企画の発想として取り入れていくことにより、新たな地域創造、さらには、消費者や生活者の生活の質(QOL)の向上に貢献できる人財(人材)になることを期待しております。

担当教員