中小企業診断士育成

中小企業診断士とは?

中小企業診断士は、経営コンサルタントの唯一の国家資格です。中小企業診断士は、企業の経営理論・財務・法務などの幅広い知識を生かし、企業の実態を把握、経営の合理化や革新などの経営者へ助言を行う仕事で、AIで代替できないため最近その役割が特に期待されています。また、中小企業診断士は、企業内でその知識を生かし活躍する企業内診断士のほか、独立やコンサルタント会社を設立して活躍することも可能で、就職や転職の際にも有利な資格です。

中小企業診断士1次試験合格を全面的にサポート

商経学部では正課授業に加え、特別講義や集中特訓講座を実施し、中小企業診断士1次試験合格を全面的にサポートしています。中小企業診断士は1次試験7科目合格後、(1)第2次試験合格を経て、15日間以上の実務補習か診断実務に従事するか、または、(2)1次試験合格者が本学大学院等の中小企業診断士養成課程を修了することで資格が得られます。

中小企業診断士「中小企業診断特論」

中小企業診断特論

正規授業に加え、1次試験合格のための特別講義を開講しています。これを受講することで中小企業診断士に必要な知識を身けることができ、試験対策としても有効かつ効率的な学習ができます。また、夏季(6限と7限)と冬季の長期休暇中に集中特訓講座を実施し、過去問演習や模擬試験などの実践的な対策を行なっています。

診断士育成会

診断士育成会

「診断士育成会」は中小企業診断士1次、2次試験合格をめざす学生のための勉強会です。学習用DVDや過去問題のテキスト等が用意されているだけでなく、現役診断士の先生が無料で指導します。また、学生たちが問題の解き方やコツを共に学び合い、過去問演習と反復練習するという独自の学習スタイルで「わかる」から「解ける」チカラを着実に養成します。結成以降、毎年多くの科目合格者を輩出しています。