税理士試験

税理士とは?

税理士は、税理士法の基づく資格を与えられた者で、税務のプロフェッショナルです。
税理士として独立開業、複数の税理士による税理士法人の設立・勤務、会計事務所勤務、企業で税理士として活躍と税理士の活躍の場は多岐にわたります。また、税理士には定年がなく、長く仕事ができることも魅力です。

税理士の仕事内容

  • 税務書類作成
    税務官公署に提出する確定申告書などの書類を、納税者に代わって作成します。
  • 会計事業
    企業の会計帳簿の記帳、決算書の作成、財務諸表の作成などを行うとともに、これら業務の指導も行います。会計業務には会計ソフトを活用し、コンピューターを利用することが多くなっています。
  • 国際業務
    海外で活躍する企業が増えてきた今、日本の税務と進出先の国の税務の知識が必要となる場合もあります。また、語学力も求められます。税理士の活躍の場は世界に広がっています。
  • 会計参与
    税理士が企業の取締役と共同で決算書を作成し、株主への報告・開示などを行います。会計参与として税理士が加わることにより、決算書の信ぴょう性が高まります。
  • 税務代理
    税法に基づき、税務官公署への申告、申請、請求や税務調査の立会いなどを納税者に代わって行います。
  • 税務の相談
    所得税や相続税に関する具体的な税の相談に応じます。
  • コンサルティング業務
    企業の経営計画や経営改善のアドバイスなど行います。
  • 相続・事業承継
    個人の相続に関する知識の提供ばかりではなく、企業における事業承継の円滑な推進のためのアドバイスなども行います。
  • 税務訴訟の補佐人
    2002年税理士法の改正で、税の専門家として、税務訴訟などの裁判所に「補佐人」として弁護士とともに出廷、陳述ができるようになりました。

税理士試験

税理士になるには、会計科目2科目、税法科目3科目(内1科目は所得税又は法人税であること)の5科目に合格しなければなりません。

有効期限

税理士試験は1科目ごと合否が判定されます。一度合格した科目は生涯有効です。ですから、一度に5科目合格をめざすことはもちろん、毎年1科目ずつ合格をめざすなど、ライフスタイルに合わせた勉強が可能です。例えば毎年1科目、5年かけて2科目合格し、就職、定年後残り3科目に合格して、税理士にと複数年による合格がめざせます。

受験資格

受験資格は、学識によるもの、資格によるもの、職歴によるものがあります。このなかで大学生が得られる受験資格として、下記があります。

  • 学識によるもの
    大学3年次以上の学生で法律又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得したもの
    もしくは法律学または経済学に属する科目を含め36単位(うち最低24単位の一般教養科目(外国語及び保健体育科目は含まない)が必要)以上を取得したもの
  • 資格によるもの
    日商簿記検定1級合格者
    全経簿記検定上級合格者

試験日及び合格発表

試験日は7月下旬から8月上旬の平日3日間でおこなわれます。
合格発表は例年12月です。

開講講座

  • 税理士講座(日商簿記1級取得者または瑞穂会所属の学生のみ)

※上記講座の受講料は無料です。

資格合格者・挑戦者への授業料減免および給付金制度

本学では税理士試験等の合格者に対する授業料減免制度を、また商経学部では挑戦者に対する奨励金の給付を行っています。瑞穂会で勉強して、資格取得にチャレンジしてみましょう。

関連リンク