入試の流れ

2023年度 検定試験ポイント表

検定試験合格者等の出願資格で出願する者は、次表によりポイントを確認してください。
ポイントの合計に加算できるのは各資格区分につき1つの資格とします。

英語

日本英語検定協会(実用英語技能検定)

1級2,304以上又は準1級合格 5ポイント
準1級1,980以上又は2級合格 4ポイント
2級又は準2級1,854以上 3ポイント
2級1,728以上又は準2級合格 2ポイント

※日本英語検定協会英検S-CBTのスコアも可とします。

GTEC

1,190以上 5ポイント
960以上 4ポイント
820以上 3ポイント
690以上 2ポイント

※GTECはオフィシャルスコアのみとし、CBT、advanced、basicのいずれかとします。

TEAP

309以上 5ポイント
225以上 4ポイント
174以上 3ポイント
135以上 2ポイント

TEAP CBT

600以上 5ポイント
420以上 4ポイント
325以上 3ポイント
235以上 2ポイント

TOEIC®(L&R/S&W)

1,560以上 5ポイント
1,150以上 4ポイント
880以上 3ポイント
625以上 2ポイント

※TOEICはIPテストは不可とし、TOEIC S&Wのスコアを2.5倍にして合算したスコアとします。

TOEFL iBT®

72以上 5ポイント
42以上 4ポイント

IELTS

5.5以上 5ポイント
4.0以上 4ポイント

※IELTSは、アカデミック・モジュールとします。

ケンブリッジ英語検定

160以上 5ポイント
140以上 4ポイント
130以上 3ポイント
120以上 2ポイント

※ケンブリッジ英語検定(Cambridge English Qualifications)は、A2 KeyまたはA2 Key for Schoolsレベル以上のいずれかとします。

全国商業高等学校協会

1級 2ポイント
2級 1ポイント

簿記

日本商工会議所

1級 5ポイント
2級 4ポイント
3級 2ポイント

全国商業高等学校協会

1級
(会計及び原価計算2科目)
3ポイント
1級
(会計又は原価計算1科目)
2ポイント
2級 1ポイント

全国経理教育協会

上級 5ポイント
1級 3ポイント
2級 1ポイント

情報関係

全国商業高等学校協会

1級 3ポイント
2級 1ポイント

※情報処理検定試験ビジネス情報部門又はプログラミング部門及びビジネス文書実務検定試験のいずれか1つとします。

全国工業高等学校長協会

1級 3ポイント
2級 1ポイント

情報処理推進機構

レベル2
(基本情報技術者試験)以上
5ポイント
レベル1
(ITパスポート)
4ポイント

日本語

日本漢字能力検定協会

準1級以上 5ポイント
2級 3ポイント
準2級 2ポイント

数学

日本数学検定協会

準1級以上 5ポイント
2級 4ポイント
準2級 2ポイント

流通(販売)関係

日本商工会議所

リテールマーケティング(販売士)1級 4ポイント
リテールマーケティング(販売士)2級 3ポイント
リテールマーケティング(販売士)3級 1ポイント

全国商業高等学校協会

商業経済1級 3ポイント
商業経済2級 1ポイント