ボランティアレポート 2015年度

市川市では、潤いと優しさに溢れた街づくり活動の一環として「ガーデニング・シティ いちかわ」を展開しています。 その活動の一つとして、市内で大勢の人たちが目にする花壇(駅前や公園等の花壇)を、市民ボランティアが中心となって、定期的に手入れ(花がら摘みや草取り、植栽など)を行っています。 6月5日(金)と18日(木)に行われた市川駅北口花壇の手入れでは、1年生2名がたくさんの市民の方々に混じってお手伝いをしました。 今後も「ガーデニング・シティ いちかわ」の花を種から育てる活動にも参加する予定であり、学生たちが育てた花苗をキャンパスに植えていくことをめざしています。

ガーデニング・シティ いちかわ
ガーデニング・シティ いちかわ

学生の声

当日は一緒に活動する地域の方々と挨拶を交わした後、エプロンやシャベルを借りて、花壇整備を行いました。自宅でもガーデニングをしている花好きな方々が多く、会話をしながらの作業は時間があっという間に過ぎていきました。この活動は花を共通の話題に一緒に楽しみながら行えるので、地域の方々との交流を深めることができます。花好きな学生には参加することをお勧めします。私もとても楽しかったので、今後の活動にもできるだけ参加していきたいです。また、ガーデニングの知識をつけて、学内を花できれいにする活動を行いたいと考えています。
ガーデニングボランティアの登録で、「ガーデニング・シティ いちかわ」のキャラクター(クロロとバララ)がプリントされたタオルをもらえたことも嬉しかったです。

商学科1年 楢山 弘暁

ガーデニングをしたことはほとんどなかったので、しっかりできるか心配でしたが、一緒に参加した地域の方々がやさしく教えてくれました。ガーデニングの方法に限らず、これから見頃を迎える花のこと、家の庭の話などで会話も弾み、楽しく作業を行うことができました。作業は中腰の姿勢で行うことも多く、足腰が少し筋肉痛になりましたが、みんなで協力してきれいになった花壇を見た時は、充実感がありました。これからも機会があれば参加したいと思います。
今回の活動を通じて、ガーデニングについて学ぶことができました。今後はこの経験を活かし、学内でガーデニング活動を始めたいと考えています。

経営学科1年 今村 幸佑