学長プロジェクト千葉商科大学「学長プロジェクト」の
取り組みを紹介する情報発信サイト

[PJ3] 安全・安心な都市・地域づくり(Resilience)

子どもから高齢者まで、そして、障害のある方も、外国人の方も、みんなが安心して住めるまちづくりをすすめるプロジェクトです。そして、災害が起こったときにも、みんなが安全に過ごせるまちづくりも行います。

そのために、大学の所在地である市川市国府台地区を市川・江戸川地域の防災拠点のひとつとするだけでなく、近隣の大学や病院と連携し、国府台コンソーシアム(仮称)の結成もめざします。また地域資源を生かしたまちづくりや安全な地域交通システムの形成などにも多様な主体と連携しながら取り組みます。

メンバー

2019年4月1日現在

リーダー
吉竹 弘行 教授(人間社会学部)
サブリーダー
西尾 淳 教授(サービス創造学部)
サブリーダー
榎戸 敬介 教授(政策情報学部)
 
朝比奈 剛 学部長・教授(人間社会学部)
 
大塚 茂晃 准教授(人間社会学部)
 
小口 広太 専任講師(人間社会学部)
 
小栗 幸夫 名誉教授(政策研究科)
 
朽木 量 教授(政策情報学部)
 
関口 雄祐 教授(商経学部)
 
田中 信一郎 准教授(基盤教育機構)
 
和田 義人 教授(人間社会学部)
 
瀧上 信光 常務理事
 
関水 信和 特別客員教授(サイエンスアカデミー)
 
前田 豊 課長補佐(庶務課)
安全安心な都市・地域

活動状況

もっと見る