学長プロジェクト千葉商科大学「学長プロジェクト」の
取り組みを紹介する情報発信サイト

[PJ1] 会計学の新展開

会計は財務情報を的確に作成し、事業戦略立案のために、必要な時に必要な人に適切な形で情報を提供するという重要な役割を担います。また、作成、提供される情報についてはその適正性を監査する必要があります。その会計も、コンピューター・ネットワーク技術の活用により、さらに進化することが求められてきています。

このプロジェクトでは、会計学を教育の強みとする本学が、これからの情報ネットワーク社会に対応し、また企業経営管理の今日的問題に応える新しい会計の在り方を探求し、会計と経営の人材育成を実践していき、この分野における日本の担い手となることをめざします。

メンバー

2018年10月5日現在

リーダー
桝岡 源一郎 教授(商経学部)
リーダー代行
千葉 啓司 教授(商経学部)
サブリーダー
谷川 喜美江 准教授(商経学部)
 
石黒 秀明 教授(会計ファイナンス研究科)
 
伊藤 康 教授(人間社会学部)
 
柏木 将宏 教授(国際教養学部)
 
小林 航 教授(政策情報学部)
 
田原 慎二 専任講師(商経学部)
 
趙 珍姫 研究科長・教授(会計ファイナンス研究科)
 
土屋 和之 教授(商経学部)
 
土屋 清人 客員講師(会計ファイナンス研究科)
 
中村 元彦 教授(会計ファイナンス研究科)
 
根岸 亮平 助教(商経学部)
 
宮田 大輔 教授(商経学部)
 
森 浩気 助教(商経学部)
 
山田 武 教授(国際教養学部)
 
内田 茂男 常務理事
 
出口 弘 特別客員教授(サイエンスアカデミー)
 
寺野 隆雄 特別客員教授(サイエンスアカデミー)
幹事
高知尾 佳孝 主任(教育研究支援オフィス)
 
矢吹 真 職員(大学院・社会人教育センターオフィス)
 
坂上 和佳美 職員(学部事務課 商経学部担当)
会計学の新展開

活動状況

もっと見る