沿革

千葉商科大学 沿革

昭和2(1927)年12月10日 文学博士遠藤隆吉は、金45万余円を出資して財団法人巣鴨学園を創設するとともに、巣鴨高等商業学校設立の認可を申請する。
昭和3(1928)年2月8日 文部省告示第51・52号をもって巣鴨高等商業学校を東京府下西巣鴨町2,603番地に設立する件、認可される。
昭和5(1930)年8月12日 文部省告示第193号をもって、大正7年文部省令第3号第2条により、高等学校高等科若しくは大学予科と同等以上と指定される。
昭和19(1944)年3月31日 校名変更の件、認可され巣鴨経済専門学校と改称する。
昭和20(1945)年9月26日 昭和20年4月14日の戦災により、校舎及び全施設焼失のため、千葉県津田沼町鷺沼 1,971番地に位置変更する。
昭和21(1946)年8月1日 学校位置を千葉県市川市国府台 373番地に変更する件、認可される。
昭和25(1950)年4月1日 新たに千葉商科大学として、商学部商学科を開設する。
昭和26(1951)年3月7日 昭和26年1月財団法人巣鴨学園を学校法人千葉学園に組織変更認可。
昭和30(1955)年3月30日 学部名称を商経学部と改称し、経済学科を開設する。
昭和30(1955)年3月31日 巣鴨経済専門学校を廃止。
昭和39(1964)年4月1日 商経学部経営学科を開設する。
昭和52(1977)年4月1日 大学院商学研究科商学専攻修士課程を開設する。
昭和54(1979)年4月1日 大学院経済学研究科経済学専攻修士課程を開設する。
昭和63(1988)年4月1日 経済研究所を設置する。
平成12(2000)年4月1日 政策情報学部政策情報学科を開設する。
平成12(2000)年4月1日 大学院政策研究科政策専攻博士課程を開設する。
平成16(2004)年4月1日 大学院政策情報学研究科政策情報学専攻修士課程を開設する。
平成17(2005)年4月1日 大学院会計ファイナンス研究科会計ファイナンス専攻専門職学位課程を開設する。
平成21(2009)年4月1日 サービス創造学部サービス創造学科を開設する。
平成24(2012)年4月1日 会計教育研究所を設置する。
平成26(2014)年4月1日 人間社会学部人間社会学科を開設する。
平成27(2015)年4月1日 国際教養学部国際教養学科を開設する。

千葉商科大学付属高等学校 沿革

昭和26(1951)年1月 千葉商科大学付属第一商業高等学校商業科全日制課程,定時制課程認可される。
昭和26(1951年)4月 千葉県市川市国府台町373番地に開校。法学博士 森志久馬,初代校長に就任。
昭和40(1965)年6月 新校舎完成のため,千葉県市川市中国分町25番地に移転。
昭和41(1966)年12月 校長 森志久馬,逝去。
昭和42(1967)年1月 上野国彦,二代校長に就任。
昭和46(1971)年3月 定時制課程廃止。
昭和47(1972)年2月 住居表示変更にともない,千葉県市川市中国分二丁目10番1号となる。
昭和48(1973)年9月 第三校舎完成。
昭和49(1974)年4月 校名を千葉商科大学付属高等学校と改称。
昭和52(1977)年04月 普通科設置。
昭和52(1978)年4月 女子生徒募集中止。
昭和56(1981)年11月 創立30周年記念式典挙行。
昭和58(1983)年3月 創立30周年記念体育館完成。
昭和62(1987)年12月 管理棟・球技場完成。
平成3(1991)年1月 テニスコート(4面)完成。
平成3(1991)年9月 弓道場完成。
平成6(1994)年11月 第一コンピュータ室完成。
平成7(1995)年9月 家庭科実習室完成。
平成10(1998)年3月 第四校舎完成。
平成14(2002)年9月 第二コンピュータ室完成。
平成16(2004)年4月 上野国彦,名誉校長に就任。
平成16(2004)年4月 森久人,三代校長に就任。
平成16(2004)年04月 普通科女子生徒募集再開。
平成18(2006)年5月 人工芝グラウンド完成。
平成19(2007)年10月 クラブハウス完成。
平成20(2008)年4月 第五校舎完成。クライミングウォール完成。
平成20(2008)年4月 商業科女子生徒募集再開。
平成21(2009)年3月 砂入人工芝テニスコート完成。
平成22(2010)年11月 創立60周年記念式典挙行。
平成24(2012)年6月 名誉校長 上野国彦逝去。
平成28(2016)年4月 遠藤行巳,四代校長に就任。