学費/奨学金等

授業料減免制度

※在学中に変更になる場合があります。

給費生授業料減免制度

給付基準・給付金

本学の給費生選抜対象入学試験において給費生に選ばれた者に対し、初年度年間授業料の半額を免除します。
なお、所定の成績基準を満たすことを条件に、2年次以降も修業年限まで減免を継続することができます。
また、給費生に選ばれた者には、入学後、特別授業(特別ゼミ)の単位を取得することが義務づけられます。
(注)私費外国人留学生授業料減免制度と同時に減免を受けることはできません。

文化・スポーツ特待生授業料減免制度

給付基準・給付金

優秀な文化活動実績又はスポーツ活動実績を有し、本学の入学試験において文化・スポーツ特待生に選ばれた者に対し、初年度年間授業料の全額又は半額を免除します。
なお、所定の基準(当該文化活動状況又はスポーツの活動状況含む)を満たすことを条件に、2年次以降も修業年限まで減免を継続することができます。
(注)私費外国人留学生授業料減免制度と同時に減免を受けることはできません。

入試特待生授業料減免制度(外国人留学生は除く)※商経学部のみ

給付基準・給付金

本学入試における合格者のうち、日本商工会議所の簿記検定1 級有資格者に対し、初年度年間授業料半額免除とします。

卒業生子女等入学金減免制度(外国人留学生は除く)

給付基準・給付金

千葉商科大学、千葉商科大学付属高等学校卒業者又は千葉商科大学大学院修了者(以下「本学卒業者等」とする)又は前述学校在学生の2親等以内の受験生が2019年度入試で出願し、合格した場合、入学金から10万円を減免します。
「2親等以内の者」とは、受験希望者を中心に考えて、両親、兄弟姉妹及び祖父母となります。このうちのどなたかが受験時に本学卒業者等又は在学生であれば対象となります。兄弟姉妹には、兄弟姉妹の配偶者も含むものとします。
なお、本学卒業者等には千葉短期大学、巣鴨高等商業学校及び巣鴨経済専門学校の卒業者も含みます。

希望者は、以下より「卒業生子女等入学金減免制度申込書」をダウンロードし、出願時に他の出願書類とあわせて提出してください。第1次入学手続完了後(入学金振込後)の申し込みは、一切受付けません。ご注意下さい。
■ 卒業生子女等入学金減免制度申込書(74 KB)

Acrobat Reader

※PDFファイルをご利用いただくには、Adobe社 Acrobat Reader(無償)が必要です。
最新のバージョンをお持ちでない方は左のバナーをクリックしてダウンロードしてください。

資格取得特待生授業料減免制度

給付基準・給付金

本学在学生のうち、次のいずれかに該当する者に対し、年間授業料の全額又は半額を免除します。

  • 入学後、日本商工会議所の簿記検定1級に合格した者(1年間の授業料半額免除)。
  • 入学後、公認会計士論文式試験、税理士試験、中小企業診断士1次試験全科目のいずれかに合格した者(1年間の授業料全額免除)。
    但し、税理士試験科目合格者は含みません。
※学費減免の適用期間について、4年次生または早期卒業制度の対象となった3年次生は、修業年限内で半年間となります。

成績優秀者表彰制度

給付基準・給付金

本学在学生(2~4年次生)のうち、下記全ての条件に該当する者は、年間授業料の半額を免除します。

  • 各年次の前年度の終了時における年間GPAが3.50以上であること。
  • 各年次の前年度の修得単位数について、1年次終了時には36単位以上、2年次終了時には72単位以上、3年次終了時には108単位以上修得していること。
  • 当該学部・学科において、他の学生の模範となる者と認められる者。

給付人数

給付基準に規定する前年度成績上位者から各学部若干名に給付します。

奨学金・支援制度へ戻る