大学院

今日本はグローバリゼーションの進展のもと、「知識基盤型社会」の構築とそれを支える人材の育成が大きな課題となっています。
千葉商科大学は、大学の学部教育や社会人としての経験を基礎として、社会のニーズに応える「高度専門職業人」や研究者の育成をめざして、3つの課程を設置しています。

政策研究科 博士課程

学問分野を超えた俯瞰的視点から政策立案を行う高度な研究者を育成します。

政策研究科 博士課程の詳細

商学研究科 修士課程

あらゆる環境に対し広い視野をもって応用できる商学、経営学、会計学の専門研究者を育成します。

商学研究科 修士課程の詳細

経済学研究科 修士課程

経済学の研究者育成と経済に関する広い分野の高度専門職従事者を養成します。

経済学研究科 修士課程の詳細

政策情報学研究科 修士課程

新しい「知と方法」の開発・創造と伝達に必要な2つの高度専門能力を兼ね備えた政策プランナーを育成します。

政策情報学研究科 修士課程の詳細

[修士課程共通]中小企業診断士養成コース

新時代が求める、ネットワーク型でグローバルな中小企業診断士を養成します。

[修士課程共通]中小企業診断士養成コースの詳細

会計ファイナンス研究科 専門職学位課程

「会計・税務」と「ファイナンス」に精通し、高い倫理性を身につけた高度専門職業人を育成します。

会計ファイナンス研究科 専門職学位課程の詳細