瑞穂祭

学生自らアイディアを出し、
作り上げてゆくスペシャルな3日間
楽しさ満点の活気ある学園祭は毎年秋に開催

瑞穂祭

遊びに来た人もスタッフも毎年、大いに盛り上がる瑞穂祭。オープンキャンパスとともに、素顔の千葉商科大学を体験できるチャンスです。

瑞穂祭は毎年秋に開催。お笑いライブ、特別講演などのイベントのほか、キャンパス内に起業をめざす学生たちの教室展示発表、クラスやゼミ、クラブ・サークルの出店が並びます。その企画から準備、当日の運営・管理、その後の後片づけまで、すべて学生によって組織された実行委員会が行っています。"燃える"3日間を、みなさんもぜひ見に来てください。

第68回 瑞穂祭

テーマ:「Tree」

その木は瑞穂祭といい千葉商科大学という大地に、根を張り、枝をさまざまな方向に伸ばしながら大木へと成長しています。そのような過程をテーマとしました。瑞穂祭という木は過去の多くの人々とのつながりをもとに根を深く伸ばし、枝をネットワークのように広げてきました。そしてそれが大木に成長したときには、世界にひとつしかない大学祭がそこにあり、その感動が大地へと種を残し、次の瑞穂祭へと繋がるように想いを込めています。

基本方針:やってみよう

期間:2017年11月3日(金)~5日(日)

今年度の瑞穂祭では、特設ステージにて数多くのイベントを用意しています。「イケてるメンズコンテスト」、「パフォーマンス企画」、豪華賞品が当たる「抽選会」、「ビンゴ大会」などの様々なイベントを用意しています。また、体育館前では小さなお子様が楽しんでいただける「キッズエリア」を開催しており、童話をモチーフにした企画を数多く用意しております。1号館では地域の幼稚園、小中学校、一般の方の芸術作品展示を行います。
メインストリートに並ぶ模擬店、学内各所で行われている教室展示など、100近くの参加団体によるイベントは、学生の熱を感じることが出来ます。皆様のご来場、心よりお待ちしております。

第68回瑞穂祭公式Webサイトアイコン
※各学生・学生団体などによって管理されています。
内容に関するお問い合わせは、リンク先ページに示された連絡先へお願いいたします。

※お願い※大学内に駐車場をご用意しておりませんので、公共の交通機関をご利用ください

これまで瑞穂祭には、こんな有名人が出演!!

ケツメイシ、電撃ネットワーク、Tina、知念里奈、FLOW、HUSKING BEE、BEAT CRUSADERS、UNDERGRAPH、B-DASH、マキシマム ザ ホルモン、ET-KING、阪本奨悟
くりいむしちゅー、原口あきまさ&コージー冨田、品川庄司、ビックスモールン、カンニング、アンガールズ、バナナマン、江戸むらさき、タカアンドトシ、ガリットチュウ、サンドウィッチマン、流れ星、U字工事、東京03、我が家、フォーリンラブ、タイムマシーン3号、弾丸ジャッキー、ゴー☆ジャス、ハライチ、ザ・ゴールデンゴールデン、NON STYLE、エハラマサヒロ、初恋タロー、パンクブーブー、ザ・パンチ、チーモンチョーチュウ、スギちゃん、ロッチ、かもめんたる、イワイガワ、ライセンス、ジャングルポケット、トレンディエンジェル、ハマカーン、ヤーレンズ、アナクロニスティック 他