FAQ

Qダブル・ディグリーのプログラムとは?

Aディグリーとは、「学位」のことです。大学を卒業すると、大学を卒業したということを証明するものとして、「学位」が授与されます。
例えば、千葉商科大学商経学部商学科を卒業すると、「学士(商学)」という学位を授与されますが、今回のダブル・ディグリーのプログラムとは、(1)千葉商科大学を卒業したことを証明する学位と(2)中国の上海立信会計金融学院を卒業したことを証明する学位の2つを4年間で得ることができるプログラムのことです。
詳しくはプログラム概要のページをご覧ください。


Q準備コースとは?

Aダブル・ディグリーをめざす人は、7月に上海立信会計金融学院に入学するための選抜試験を受けます。準備コースとは、選抜試験に向けて中国語の勉強を行う日中交流学院のコースです。
詳しくは日中交流学院のページをご覧ください。


Q中国語を履修していなくても大丈夫?

A中国語の授業を履修してください。学部によって中国語科目が少ない場合は、日中交流学院でダブル・ディグリーをめざす人のための中国語講座を開講しますので、そちらを受講してください。


Q選抜試験はどんな試験?

A7月に行われる選抜試験は、(1)中国語の試験(語学力を確認します)、(2)面接試験(やる気を確認します)という内容です。
意欲さえあれば、中国語を身につけることも、ダブル・ディグリーをめざすこともできますので、ぜひチャレンジしてください。


Q選抜試験に合格した後は?

A選抜試験に合格した人は、千葉商科大学にいながら上海立信会計金融学院の学生にもなります。
選抜試験までは準備コースでしたが、9月からは、正式なダブル・ディグリーのための講座を受講します。
詳しくは日中交流学院のページをご覧ください。


Q正式なダブル・ディグリーのための講座はどんなものがあるの?

A上海立信会計金融学院に留学するために必要な語学力や知識を学びます。
具体的には、中国語、中国語検定試験対策講座、中国事情、上海立信会計金融学院で学ぶ専門科目に関する科目などです。


Q所属している学部の授業との関係は?

A千葉商科大学を卒業するためには、所属している学部の授業をしっかりと履修して、必要な単位を取得しなければなりません。
ダブル・ディグリーのための講座は、学部の授業とは別に受講することになります。


Qダブル・ディグリーのための受講料はどの程度ですか?

A7月の選抜試験を合格して、上海立信会計金融学院に入学する人は、年間10万円の修学料が必要となります。
詳しくは修学料のページをご覧ください。


Q留学はいつするの?

A2年次の2月~3年次の12月までです。ただし、国際教養学部は、2年次9月~3年次6月までです。


Q就職活動への影響は?

A3年次の6月または12月には留学から帰国しますので、就職活動の開始時期には影響しませんが、4年間で卒業し就職を希望する場合は、留学前にできるだけ多くの単位を取得しておいてください。