環境への取組み

エコキャンパスの船に乗ろう

エコキャンパス

千葉商科大学では、国府台キャンパスを対象に2003年3月31日にISO14001の認証を取得し、9年間にわたって本学の教育理念である実学教育のもと学生主導の様々な環境活動に取組んで参りました。
その結果、大幅な温室効果ガスの削減や教職員・学生の環境意識の向上など様々な成果を挙げることができました。

本学では、ISO14001の認証を返上し、長年のISO14001活動から次なるステップとして、本学独自の環境マネジメントを構築し、更なる「エコキャンパス」の推進に取組んで参ります。

国府台キャンパスは12,000m²(緑地率16%)の緑地を確保し、様々な木々に囲まれた「グリーン・エコキャンパス」です。自由で開放感のあるスペースと統一した色調の建物や施設は、快適な環境を維持するため、常に最適な状態に集中管理され、自然採光、自然エネルギーの利用等、環境負荷を低減する様々な工夫が各建物でなされています。

平成18年(2006)年に完成した1号館は、環境に配慮した様々な工夫がなされており、開放されている屋上は緑化され、空調負荷の低減をはかり、雨水・井戸水を利用したトイレ洗浄水や植裁への散水、人感センサーにより照明制御など「人と環境に配慮したエコキャンパス」が実現しています。