「時論」内田茂男(学校法人千葉学園常務理事)

内田茂男学校法人千葉学園常務理事(元日本経済新聞論説委員)による時論です。ときどきの社会経済事象をジャーナリストの視点で語ります。

最新情報

  • 「アメリカの中間選挙でみえたこと」(2018.11.29)

    11月上旬にアメリカで中間選挙が行われました。上院では、与党、共和党が多数派を維持しましたが、下院では民主党が多数派の座を奪回する結果となりました。

  • 「歴史は繰り返すのか?」(2018.10.31)

    「歴史は繰り返す」という表現は随分と昔から西洋で使われているようです。それだけに説得力があるのですが、大事なのは、繰り返すかどうかではなく、歴史に記されている過去のことがらに類似した事象が生じているなら、その過去の事例がその後、どう展開したかを知ることだと思います。

  • 「カンボジア25年(下)」(2018.9.28)

    前回は、ちょうど25年前、1993年に初めてカンボジアを 訪れた際の経緯を記しました。内戦が収束に向かい、国連 監視の下で総選挙が行われた時期でした。