3つのポリシー

世界で働く、世界と働く、世界をもてなす人へ

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

国際教養学部では、「世界で働く」「世界と働く」「世界をもてなす」人材育成を目的とする。この目的を実現するために、「日本とアジアを中心とした地域を基盤に、世界を知り相互理解を深め、実践的な外国語運用能力と情報リテラシーを用いて、多様性の中で情報を選別し物事を的確に判断して行動できる」ようになることを目標とする。国際教養学部が定める所定の単位を修め、以下のような能力を身につけた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

高い倫理観

  • グローバル社会において、異文化理解に努め、相互を尊重しつつ問題解決に努める使命感と行動規範。
    —国際教養科目群、国際教養入門科目群、国際教養専門科目群、セミナー科目群、留学科目群の卒業要件単位の修得により評価する。

専門的な知識・技能

  • 英語または中国語について会話力を中心とした実践的な語学力(コミュニケーションのための語学力)
  • 必要な情報を正しく収集、分析し、自らの考えや意見を自律的に発信できる力(情報発信力)
  • 自らリーダーシップをとり、他者を巻き込んで、他者と協調して課題に取り組む力(問題解決能力)
    —国際教養専門科目群、外国語科目群、情報科目群、キャリア科目群、留学科目群の卒業要件単位の修得により評価する。

幅広い教養

  • 日本、周辺地域、世界について、幅広い教養を身につけ、異文化や多様性を理解する能力(異文化理解力)
  • 留学経験や身につけた教養を活かして、未知の状況や課題に対しても、積極果敢に取り組むチャレンジ精神や主体性を持って行動できる力(海外経験)
    —国際教養科目群、国際教養入門科目群、国際教養専門科目群、セミナー科目群、留学科目群、総合科目群の卒業要件単位の修得により評価する。

▲ ページトップへ

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

国際教養学部では、激動する世界で活躍するグローバル人材を養成するという目標を実現するため、4年間の教育を通じて段階的に学修することで、知識とスキルを磨き、人間としても成長できるカリキュラムを実施する。また、科目間の相関を見える化した国際教養学部独自のナレッジマップを作成し、各自の興味関心や将来の進路にあわせて適切な科目選択を促進する。
留学前には「国際教養学」を学ぶ上での基本となる知識を身につける「国際教養入門科目」を配置し、留学に向けて各種の科目を設置する。留学後には、留学経験を踏まえ、グローバル社会を理解するために「国際教養専門科目」や「プロジェクト演習」を配置する。また、国際社会で活躍するためには、自らのアイデンティティーの重要性に鑑み、「日本を知る」「アジアを中心とした地域を知る」「世界を知る」の順番で視野が広がるように段階的に講義を配置する。

初年次教育

高校から大学での学びに発展させるために「日本語表現」、「研究基礎」などを設置する。また、1年次には毎週ホームルームを実施する。

基礎教育

入学式直後に実施する「海外文化研修(海外フレッシュマンキャンプ)」、大学での学修のスキルを身につけるための「アカデミック・リテラシー」、「情報社会基礎」、「情報科学基礎」などを設置する。コミュニケーションのための語学として英語または中国語を学ぶとともに、TOEIC®やHSKでの成績向上も促進する。

教養教育

1・2年次には国際教養学の基礎を学ぶための「国際教養入門科目」、3・4年次を中心に「国際教養専門科目」を配置する。

キャリア教育

1年次のキャリア基礎から始め、「世界で働く」「世界と働く」「世界をもてなす」仕事に繋がるように、各種のキャリア科目を段階的に設置する。

専門教育

2年次後半には、全学生がそれぞれのミッションを持って留学する、「海外短期研修(必修海外短期留学)」を実施する。また、3・4年次には1・2年次に培った教養、スキル、そして留学経験を統合して学ぶこととし、各種の「プロジェクト演習」や「卒業研究」を実施する。

ゼミナール教育

1・2年次には「研究基礎」や「国際教養学演習」、3・4年次には「プロジェクト演習」や「卒業研究」などゼミナール形式で開講する。

上記以外にも学部独自の取り組みを実施する。

  1. 『クォーター制』1年を4学期に分けたクォーター制を実施する。週2回授業を行うことで学修の効果が高まり、関心にあわせて柔軟に段階的に学ぶことを可能としている。また、これにより、海外のサマースクールや短期留学にも参加しやすくしている。
  2. 『アクティブラーニング』異文化交流で求められる積極性を身につけるために、入学式直後のフレッシュマンキャンプ、2年次後半の必修短期留学、各種フィールドワークなども含め様々な科目でアクティブラーニングを導入する。
  3. 『少人数教育』きめ細かな教育のために、外国語科目やセミナー科目、情報科目などでは少人数のクラスで講義を実施する。
  4. 『企業との連携によるキャリア教育』学生がグローバル社会で活躍できるよう、企業と連携をしたキャリア教育を実施し、企業が持つ知識や経験をキャリア教育などにも活用する。
  5. 『国際センターの活用』CUCサマープログラム、海外語学研修などの本学全体で行われる国際交流イベント、International Squareを学生が積極的に活用するように促進する。

▲ ページトップへ

アドミッション・ポリシー(入学者受入れ方針)

国際教養学部では、「世界で働く」「世界と働く」「世界をもてなす」人材育成が目的である。この目的を実現するために「日本とアジアを中心とした地域を基盤に、世界を知り相互理解を深め、実践的な外国語運用能力と情報リテラシーを用いて、多様性の中で情報を選別し物事を的確に判断して行動できる」ことを目標とする。

求める学生像

国際教養学部では以下のような学生を広く求める。
国際教養学部の理念に共感し、外国の文化や外国との相互理解に興味を持ち、将来世界との関わりの中で活躍する意欲がある。

  • 実践的な外国語運用能力を修得する強い意志を持っている。
  • 積極的に情報収集し、自分の考えを適切に伝え、実行しようとする意欲がある。
  • 自ら先頭に立って、他の人々と協調しながら、課題に取り組む意欲がある。
  • 独創性があり、新しいことに挑戦しようとする意欲がある。
  • 国際教養学部で学ぶための基礎学力を有する。

入学者選抜の基本方針

国際教養学部の教育理念に共感し、必要な基礎学力を有するかどうかを選抜の要件とする。
一般入試、大学入試センター試験利用入試では、<求める学生像>を前提として、読解力、語学力、数理能力、社会的な基礎知識を高校の授業に準拠した学力試験を通じて評価する。総合評価型入試では、学力試験に加えて調査書などの出願書類で高校での学習状況や特別活動の記録を総合的に評価する。給費生選抜入試では学力試験の成績が優秀な受験生を給費生として選抜する。 推薦入試、AO入試では高校時代の学びや活動、入学後に学びたい具体的な内容、卒業後の進路などについて、出願書類ならびに面接を通じて積極的にアピールすることを受験生に期待する。

  1. 推薦入試 <求める学生像>を満たすかどうか、特に学ぶ意欲を中心に、書類審査や面接を通じて総合的に評価する。書類審査と面接の評価割合はそれぞれおよそ6:4である。
  2. AO入試 <求める学生像>を満たすかどうか、特に学ぶ意欲を中心に、書類審査や面接を通じて総合的に評価する。提出された課題レポートは面接で質疑の対象となる。自分自身の意見を丁寧に言葉で表現されていることを重視する。書類審査と面接の評価割合はそれぞれおよそ5:5である。
  3. 給費生選抜AO入試 <求める学生像>を満たすかどうか、特に学ぶ意欲を中心に、提出書類、事前課題、プレゼンテーションならびに面接を通じて総合的に評価する。課題に対する十分な調査や分析にもとづくプレゼンテーションを高く評価する。

▲ ページトップへ