SDGs×千葉商科大学

SDGs

SDGsとは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界をめざす国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

千葉商科大学の創設者の遠藤隆吉博士は本学の前身となる巣鴨高等商業学校の設立理念に「実業は決して己の利益のみを目指すものではなく、社会に奉仕することを目的とする立派な事業である」と記し、高い倫理観を持つ「治道家」の育成を本学の教育理念としました。「治道家」とは、今日的な意味ではSDGs(持続可能な開発目標)に取り組み、エシカルでサステナブルで事業収益を追求する「高徳の実業人」を意味します。

千葉商科大学 理念
SDGs行動憲章

本学は学長プロジェクトを起点として幅広くSDGsの目標をカバーし、社会に貢献するために教育研究地域貢献活動を推進しています。本学のSDGsへの取り組みは外務省の審査および手続きを経て、外務省「JAPAN SDGs Action Platform」に掲載されました。

学長プロジェクト
外務省「JAPAN SDGs Action Platform」教育・研究機関

SDGsに関する千葉商科大学の取組み

SDGs4

SDGs4「質の高い教育をみんなに」
教育においてはSDGsを啓蒙し、学生たちにSDGsを自分のものとして考えさせるための特別講義を開講しています。この科目は全学的な取組として各学部の教員が協力して講義を担当しています。また、エシカルグッズの開発(PJ2)、自然エネルギー100%大学の実現のための学生グループ(PJ4)には多数の学生が参加しています。
さらに教育を支える事務組織においてもSDGsにコミットした取り組みを始めており、大学運営・財務活動における社会実装の取り組みとして、ESG投資も進めています。

ESG投資について

SDGs7、12、13

SDGs7「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」
SDGs12「つくる責任、つかう責任」
SDGs13「気候変動に具体的な対策を」

教育研究と社会貢献活動として、人類の重要な課題である気候変動対策に取り組んでいます。そのために、日本を再生可能エネルギー100%社会にするため、本学は「まず、隗より始めよ」との考えで、日本初の自然エネルギー100%大学をめざして活動を行っています。教育面での活動と共に「商いの力」で再生可能エネルギーを流通させるにはどうしたら良いか、多方面での研究を行い、具体的な活動も展開していきます。

環境・エネルギーへの取組み

SDGs11、17

SDGs11「住み続けられるまちづくりを」
SDGs17「パートナーシップで目標を達成しよう」

地域貢献活動では、「安全・安心な都市・地域づくり(Resilience)(PJ3)」の活動が広がり、千葉商科大学が位置する千葉県市川市国府台地区及び同地区近隣に所在する教育機関ならびに医療機関と市川市が連携した国府台コンソーシアムを設立し、教育、地域活性化、地域防災をテーマに活動を進めています。また、各プロジェクトの成果は公開講座などを通じて、広く社会に公開しています。
また、SDGsを推進する様々な企業・団体、そして省庁・自治体や海外団体と幅広く連携していきます。

産官学連携
CUC公開講座