こども向けのイベント

キッズビジネスタウン®いちかわ

「子どもたちがつくる、子どもたちの街」をコンセプトに実施される「キッズビジネスタウン®いちかわ」は、地域の小学生児童や幼児に向けたビジネス教育の一環として、2003(平成15)年からスタートしています。
子どもたちが、キャンパスに出現した仮想都市(キッズビジネスタウン:通称KBT)の市民となり、労働や消費などの体験を通して“まちの機能や仕組み”を理解します。
さらに、共に働き・学び・遊びを通して、街の一員として街を運営していく中で、参加者一人ひとりに次の6つを経験してもらうことを目的としています。

  1. (1)働くことの楽しさ、喜び、そして大切さを知る。
  2. (2)他の子供と協調して仕事を行い、相手を思いやる気持ちを育む。
  3. (3)食べ物や手作業製品の作り方を知り、物を大切にする気持ちを育む。
  4. (4)ビジネス(商業)のしくみ、ビジネスに必要な知識、技術の基礎を学ぶ。
  5. (5)職業の種類、仕事の資格などの学習方法(プロセス)を学ぶ。
  6. (6)臨機応変に対応する。

キッズビジネスタウン®いちかわ

01
02
03

※キッズビジネスタウンは、学校法人千葉学園 千葉商科大学の登録商標です。(登録番号 第5267486号)

CUCキッズ大学

「CUCキッズ大学」は、近隣小学生を対象とした教育・学習支援を目的とした取組みの一環として、地域の大学として、施設環境や教育資源を地域の子どもたちに還元しています。
毎年2回、語学とさまざまなスポーツ教室を開講しています。指導は大学で英語を担当する講師や各運動部の学生が担当し、人気講座はすぐに定員に達するなど、地域の子供たちに浸透した講座となっています。
また、この事業は、2006(平成18)年度に、文部科学省から「現代GP」の優れた「生涯キャリア教育プログラム」に採択された取組みとなっています。

CUCキッズ大学保護者の声

CUCベースボール教室

「CUCベースボール教室」は、毎年11月頃、稲越グラウンドを会場として無料で開催する小学生対象の野球教室です。
講師は本学出身で、27年間、プロ野球選手やコーチとして活躍し、現在、母校である本学野球部監督を務める小林正之監督と野球部員が担当します。野球少年少女を中心に野球初心者を含めた小学生とその保護者や地域の野球チームの関係者などが参加しています。
参加者全員によるウォーミングアップの後、各ポジションに別れての投球、捕球、バッティングの基本練習を、野球部員のサポートのもとで行います。
子どもたちは、新鮮な緊張感をもって、小林監督の“楽しく、正しい野球”をめざした講話やアドバイスを受けながら、野球部員の参加者一人ひとりに向き合った懇切丁寧な指導により、真剣に練習に取り組んでいます。
大学のスポーツ環境を利用した野球教室を通して、地域の子どもたちの健全な育成に貢献しています。

稲越グラウンド

01
02
03

過去開催分

ADOBE READER