CUC100ワイン・プロジェクト

CUC100ワイン・プロジェクト

2018年度千葉商科大学が創立90周年を迎えたことを記念し、プロジェクトメンバーである在学生が創立100周年に向けて千葉県市川市産の大学オリジナルワインの醸造を2019年1月よりスタートしました。
ぶどうを栽培する本プロジェクトの活動を通じて、農業の未来やエネルギー資源について考えるきっかけや地域の方々と交流する場を創ることを目的としています。

旧ピッチング練習場を土壌改良して耕した畑には、ぶどう以外に野菜作りを行い、設置予定の井戸は農作物の栽培だけでなく、災害時の飲料水としても利用します。また、ソーラーシェアリング設備を導入し、発電した電力は学内で消費します。