環境配慮のあゆみ

2001年4月 ISO14001認証ををめざして学生有志によるISO14001認証取得学生委員会を発足
学生の提案を受けて認証取得に向けた作業を開始
2002年4月 学校法人千葉学園環境方針を制定
2003年3月 千葉県大学初の学生主導によるISO14001の認証を取得
環境に配慮したエコキャンパスへの整備
2004年4月 古紙再生オリジナルトイレットペーパーを導入
2004年4月 市川市、市川市教育委員会、千葉商科大学の三者間で「環境教育実施についての覚書」を交わし、地元小中学校の環境教育を推進
2004年9月 キャンパスのグラウンドを全面人工芝グラウンドに張替
2004年12月 「エコプロダクツ展」に初出展
2005年4月 特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)に採択
2006年1月 1号館の建て替えが完成
2006年2月 学校法人千葉学園環境方針を見直し
2007年6月 「第1回全国高校生環境スピーチコンテスト」開催
2007年7月 2010年までにキャンパスのCO2排出量 1990年比10%削減目標を設定
2010年3月 キャンパス内のCO2排出量 1990年比10%削減を達成
2013年11月 CUC公開講座 in丸の内「持続可能な環境・エネルギー政策を考える」(全6回)を開催
2014年4月 メガソーラー野田発電所完成
2015年7月 政策情報学部が「省エネ・創エネプロジェクト」をスタート
ネット・ゼロ・エネルギー・キャンパス化に向けた検討を開始
2016年4月 学部プロジェクトから全学的なプロジェクトとして「ネット・ゼロ・エネルギー・キャンパス化」プロジェクトが発足
2016年5月 CUCエネルギー株式会社設立
2016年7月 「打ち水で涼しく大作戦」を初実施
2017年4月 原科幸彦政策情報学部長が学長に就任し、学長プロジェクトがスタート
「ネット・ゼロ・エネルギー・キャンパス化」プロジェクトを学長プロジェクト4「環境・エネルギー」とする
2017年11月 自然エネルギー100%大学に向けた新たな環境目標を宣言
2017年11月 教育機関として自然エネルギー100%プラットフォームに初登録
2017年12月 環境省「COOL CHOICE LEADERS AWARD」優秀賞を受賞
2018年3月 学生団体SONE(Student Organization for Natural Energy:自然エネルギー達成学生機構)発足
2018年3月 メガソーラー野田発電所の太陽光パネルを増設
2018年3月 市川キャンパスの全照明をLED化
2018年3月 EMS(エネルギーマネジメントシステム)を導入
2018年7月 The University DININGにグリーンカーテン設置
2018年12月 学内の旧ピッチング練習場を整備した圃場にソーラーシェアリングを設置
2019年2月 「RE100大学」を達成。直近1年間の電気の自然エネルギー率が101.0%に
2019年2月 市川キャンパス内の10棟屋上に太陽光パネルを増設し、全量自家消費をする
2019年8月 市川キャンパス使用電力を再生可能エネルギー由来の電力に切替え
これにより市川キャンパスの使用電力は再生可能エネルギー率100%になる
2019年10月 「再エネ100宣言 RE Action」に大学として初めて参加