海外プログラムの流れ

1.募集説明会に出席 研修の意義やプログラムの内容、渡航までの流れや過去参加者の体験談などを聞くことができます。説明会への出席は必須ではありませんが、参加を検討しているならぜひ出席してください。説明会に出席できない場合は、直接国際センターまでお越しください。
説明会開催のお知らせは学内掲示板、ポスター、本学Webサイトなどで行っています。
※交換留学の場合は募集説明会を開催しませんので、直接、国際センターへ相談してください。
2.申込 申込締切までに書類を提出してください。
書類に不備がありますと受け付けられませんので、早めに準備を進めてください。
3.面接 プログラムによりますが、一人15分程度の面接を行います。
面接は基本的に研修先で使用する言語で行います。事前準備をしっかりと行いましょう。
4.派遣決定 提出書類、学業成績及び面接により審査し、派遣者を決定します。
※交換留学の場合はその後、協定校(受け入れ大学)からの入学許可を得て、交換留学生として最終決定します。
5.オリエンテーション(数回) 旅行会社も交えながら数回オリエンテーションを行います。
プログラムに必要な手続きや事前準備、安全対策についても説明を行います。質問や不安などを解消しましょう。
6.事前研修 国際センターが提案する学習方法で各自行ってください。
※交換留学の場合はレベルに応じた事前研修を行います。
7.語学検定受験(TOEIC、HSK、TOPIK等) 派遣前の語学レベル把握のため、研修先で使用する言語の語学検定を受験します。
8.懇親会 過去の参加者も交えて懇親会を行います。経験者でないとわからないような質問にも答えてもらえます。
9.出発 出発です。楽しく充実したプログラムにしましょう。
10.帰国 プログラム修了です。おつかれさまでした。
11.修了後レポート・写真等提出 研修内容や感想をまとめたレポートおよび研修先の写真等を提出します。
12.語学検定受験(TOEIC、HSK、TOPIK等) 研修参加後の語学レベル把握のため、研修先で使用した言語の語学検定を受験します。
13.フォローアップ研修会 派遣前に与えられた課題を発表します。また、研修先で自ら学んだこと、体験したことをどの様に活かしていきたいかを、共に学んだメンバーと話し合う機会となっています。
14.帰国報告会 研修を振り返り、現地で体験したことを紹介する場です。これから留学をめざす学生にとって、経験者の生の声を聞けるとともに、気になることを直接質問できる良い機会となっています。

提出書類及び注意点

申込締切までに以下の書類を提出してください。
※申込に必要な書類はプログラムによって異なります。詳しくは各プログラムの募集要項をご覧ください。

  • 申込書(所定用紙)
  • 健康診断証明書

申込書について

所定の用紙に記入をしてください。
保証人の印鑑も必要です。

健康診断証明書について

春の定期健康診断を受診した学生は、本館1階学生・地域連携課前にある証明書自動発行機で、健康診断証明書を発行することができます。
春の定期健康診断を受けていない場合は、個人で所定の健康診断を受け、証明書を提出してください(個別の健康診断は別途費用がかかります)。
※春の定期健康診断を受診していない学生及び基準値を超える項目のあった学生は、証明書自動発行機から健康診断証明書を発行することはできません。

その他書類について

渡航決定後、その他の必要書類を提出します。
詳しくは、オリエンテーションで説明します。

関連リンク