最新情報 2019年度

お知らせ

10月23日(水)、市川市との環境に関する協働事業である環境学習講師人材育成研修の修了式を行いました。

この研修は市川市との包括協定の一環として2016年度よりスタートしたもので、環境人材の育成を図るだけでなく、市川市がすすめる地域で取り組む地球温暖化対策の一つとして、小学校等への環境学習の普及に貢献するものです。

2019年度の研修は6月からスタートし、環境を学ぶ学生や教職課程を履修する学生21名が修了しました。市川市から前期・後期計12回に亘り、環境学習に関する専門的な知識とノウハウを学び、市川市内の4つの小学校で7月と9月に授業を実施しました。

授業では市川市の環境学習プログラム「未来ノート」を活用し、子どもたちに地球温暖化とは何か、地球温暖化問題に対して自分たちに何かできるのかなどを考えてもらいました。

環境学習講師
環境学習講師

学生コメント

7月には地球温暖化など環境問題の授業を、9月には児童たちが夏休み中に調べてきたことを発表する振り返り授業を行いました。児童たちを飽きさせない工夫や言葉遣いはもちろん、まず自分が理解していないと正しいことが言えないので、環境問題についての正しい知識を学習することがとても大変でした。現在教職課程を履修しており、将来は高校教員をめざしているため、教壇に立つことで多くを学ぶ貴重な体験となりました。

商経学部経済学科3年 荒賀崇碩さん(西城陽高校出身)