会計・商業研修会

会計・監査サービス研究会

会計・商業研究会は、千葉商科大学では、多くの教員を輩出しており現在全国で活躍しております。会計教育研究所では、商業教育部門を新設した平成27(2015)年度より会計・商業の調査研究と指導の充実を図り、商業教育の発展と商業教育が求める人材育成に寄与することを目的として年1回研修会を開催しております。

開催実績

第4回

2019年3月23日

生徒の進路意思決定に有用な商業教育と検定試験を活かした指導法について
ICTを利活用した教科「商業」の指導法に関する事例を取上げました。ICTを利用する場合、効率性とユニバーサルデザインを踏まえて生徒指導を考察することが望ましいという見解がなされました。また、アクティブラーニングを実施する際もICTは有用であることが再認識されました。

講師:荒木 真彦氏(千葉県立流山高等学校教諭)

第3回

2018年3月17日

キャリア教育の歩みとこれからの課題-新学習指導要領を視野に入れて
我が国のキャリア教育の誕生から現在に至るまでの発展形成を整理し、今後のキャリア教育の課題及び未開拓な論点を取上げました。課題の解決を図り、それに伴う教育上の効果についても考察しました。

講師:鹿嶋 研之助氏(千葉商科大学名誉教授、会計教育研究所参与)

第2回

2017年3月11日

平成29・30年度日商簿記検定改定項目の指導方法
日商簿記検定の出題範囲が改定されることにから、本研修会では平成29・30年度日商簿記検定改定の論点について解説しました。

講師:渡邉 圭(会計教育研究所専任講師)

第1回

2016年3月26日

平成28年度日商簿記検定改定論点
平成28年度から日商簿記検定の出題範囲が改定されることになったことから、本研修会では改定論点について解説しました。

講師:渡邉 圭(会計教育研究所助教)