最新情報 2021年度

お知らせ

『ソーシャる』Vol.5

人間社会学部の1年生(現2年生)が企業・団体の事業活動による社会的課題解決の取り組みを纏めた冊子『ソーシャる~これからの社会を創る企業の挑戦』(以下、『ソーシャる』)Vol.5を制作しました。
この冊子は地域経済の衰退、震災、高齢化、環境問題、途上国の貧困などの社会課題へ対応しながら事業益を創造する先進企業や団体の10事例について1年生全員が取材・編集を行い、作り上げたものです。

人間社会学部は、社会的課題の解決を目的とした事業(ソーシャルビジネス)を学び、「人にやさしい社会をビジネス・仕事でつくりだせる人財」を育成します。そのため、4年間の大学生活において、学生自身が望むキャリアを実現する専門的な学びを進めていくことを重視しています。1年生は入学間もなく、企業や団体のソーシャルビジネスの事例、社会貢献活動などについて、現場で働く人々から直接学ぶ機会を通じて、社会の実態や課題、働く意味を知り、その後の学修に役立てる教育カリキュラムで学びます。

2020年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により2020年10月より事前学習をスタートさせました。11月から取材の役割分担を決め、企業への質問事項を整理し、取材を実施。原稿のとりまとめや写真の選定、校正作業はパソコン画面の共有機能を使用し、オンラインで意見交換をしながら進めました。また、これまでの事前学習、取材、執筆内容を元に企業の取り組みについて発表するプレゼン大会を1月18日に実施しました。

取材を通してソーシャルビジネスだけでなく企業のCSR(企業の社会的責任)、CSV(共通価値の創造)活動への理解も深めることができました。

【取材先】

  • みんな電力株式会社
  • フードバンクちば
  • 凸版印刷株式会社
  • 株式会社三和製作所
  • 有限会社ビッグイシュー日本
  • NPO法人市川子ども文化ステーション
  • サラヤ株式会社
  • 結meal株式会社
  • NPO法人日本国際ボランティアセンター(JVC)
  • 有限会社ネパリ・バザーロ
『ソーシャる』Vol.5
『ソーシャる』Vol.5

学生コメント

  • 事前学習で取材先の事業について調べたことでより深く知識が身につきました。
  • 取材を通して、事前に調べていた情報と実際に聞いた質問の回答から、取材先の新たな一面や事業に携わる人たちの思いを感じることができました。
  • グループで協力することで新たな発想を得ることができ、事業に対する分析を行うことができました。
  • 原稿作成では得た情報を相手にわかりやすく伝えるために表現力を身につけることができました。
  • 短期間で作成しなければならず不安なこともありましたが、みんなと協力し合い完成させることができ、この上ない達成感を味わうことができました。
  • グループ全員でひとつのものを作り上げることの難しさとグループだからこそ、いろいろな意見や提案があり、とてもおもしろくやりがいを感じることができました。