最新情報 2022年度

お知らせ

「CUC×SDGsまるわかりプロジェクト2022」はSDGs(持続可能な開発目標)の基本知識を身につけ、企業取材等を通じて社会や企業の取り組みを知り、社会的課題を自分事として考える力を養うことを目的とした正課外のプロジェクトです。

2022年度は、夏季休暇中に実施する基礎編のBasic、秋学期中に実施する応用編のAdvanceで構成され、ステップアップ型でSDGsを深掘りできるプログラムとなっています。8月22日~9月22日(全6日間)に実施されたBasicでは、講義を通してSDGsの理解を深めた後、29名の学生が6つのグループに分かれ、企業を取材しました。
最終日の9月22日には、各グループが取材した企業のSDGsの取り組み紹介、学んだ点、自身の今後のアクションプランを発表するプレゼンテーション報告会が行われました。報告後は、教員から「各自が実際にどのようなアクションプランを実施しているのか」などの質問やアドバイスを受け、Advanceでの課題が発表されました。

10月26日~2023年3月16日(全6回)で、学生たちは「CUC×SDGsチャレンジコンテスト—学生が発案! CUCがSDGs17の目標を達成するためのアクションを考えよう—」に取り組み、最終日に大学へプランを提案し、採用されることをめざします。

CUC×SDGsまるわかりプロジェクト
CUC×SDGsまるわかりプロジェクト

学生コメント

企業への取材を通し、自分が普段使っている物やサービスが、児童労働や環境破壊などさまざまな影響を与えているかもしれないことを常に意識して生活することが大切だと学び、今後もさらに理解を深めていく必要があると感じています。Advanceでも知識を増やしながら新しいアイディアや改善策を提案したいです。私が将来働く会社もSDGsに取り組んでいると思うので、大学で学んだことをアウトプットし事業に貢献できるようになりたいと思います。

サービス創造学部3年 松澤侑映(若松高校出身)

関連リンク