会計教育研究所は、簿記及び会計教育並びに商業教育に関する調査、研究、研修等を行い、本学及び社会における会計教育と商業教育の発展と会計人等の育成に寄与することを目的として活動しています。さらに、会計教育研究の実践の場としての「瑞穂会」における学習指導は、会計教育への関心を集めるとともに、大きな成果を挙げています。

所長挨拶

会計教育研究所 所長/谷川 喜美江

千葉商科大学会計教育研究所は、会計教育研究の実践の場である「瑞穂会」を併設し、桝岡源一郎先生を初代所長として平成24(2012)年4月に設立しました。そして、現在、本研究所では、会計および商業教育に係る研究会や研修会、研究プロジェクトを行い、その成果を本学学生ばかりでなく社会に還元しています。
本学は、開学以来、税理士や公認会計士といった会計の専門家を多く輩出し、そのOB団体である「CUC会計人クラブ」のメンバーは280名を超えています。本研究所では、「CUC会計人クラブ」と協同して、本学のOBのみならず学外の会計専門家の方々のため、千葉県税理士会及び東京税理士会並びに日本公認会計士協会の認定を受け、研修会を開催しています。
また、会計教育研究の実践の場である「瑞穂会」では、会計教育研究所の専任教員等による受験指導を行うことで、会計教育への関心を集め、会計教育の発展に寄与しています。「瑞穂会」で学んだ多くの学生は、日商簿記検定(3級・2級・1級)や税理士試験科目(簿記論・財務諸表論)に合格し、毎年高い合格率を維持しています。
さらに、公認会計士試験及び税理士試験科目(税法科目)を受験する学生に対しては、専門学校との提携や本研究所内の自習室提供・学習法教授などのサポートを行っています。本サポートにより、在学中に公認会計士試験(論文式)に合格する学生や税理士試験(5科目)に合格する学生を輩出してきました。
千葉商科大学会計教育研究所は、このような活動を通じ今後一層発展していきたいと考えています。前所長であり本研究所の初代所長でもある桝岡源一郎先生とかわらぬご支援をお願い致します。