最新情報 2019年度

お知らせ

藤野和樹基盤教育機構専任講師が公益社団法人全国大学体育連合の第8回大学体育スポーツ研究フォーラム優秀発表賞を受賞しました。
この賞は大学体育研究フォーラムでの発表において優れた発表者に授与されるものです。

藤野専任講師は「ADDIEモデルを用いた大学体育授業の再設計」として、授業改善サイクルであるADDIEモデルを用いた授業の再設計プロセスとその成果について報告しました。従来のカリキュラムではバドミントン「を」教える内容が中心だったものを、大学の建学の精神やディプロマポリシーに基づきバドミントン「で」教えるカリキュラムとして再設計を行いました。
特に本学では「治道家(大局的見地に立ち、時代の変化を捉え、社会の諸問題を解決する高い倫理観を備えた指導者)の育成」を教育理念としており、バドミントンの授業を通して大学がめざす人材を育成するカリキュラムへと再設計をすることで、これまでに見られなかった受講生の能動的な活動を促進することができました。

発表を受けてフォーラムでは「他大学でも十分活用できる実践内容であり質の高い教育を行っている」と評価されました。

受賞コメント

藤野和樹基盤教育機構専任講師

今回の発表内容は本学の建学の精神やディプロマポリシーに基づいた授業改善をテーマにしており、多くの方に本学の教育理念について認識してもらういい機会となりました。今後も研究と教育の好循環を生んでいく活動を精力的に行っていきたいと考えています。