最新情報 2022年度

お知らせ

CUC100ワイン・プロジェクトでは、地産地消を促し、地域活性化につなげたいとの思いから、養蜂事業「国府台 bee Garden」を開始しました。 約15万匹のミツバチの飼育には、全国100カ所以上ある学校や企業のプロジェクトの多くを指導・応援しているNPO法人銀座ミツバチプロジェクトの協力の下、養蜂について学んでいます。

4月と5月に採れた「はちみつ」を5月27日より販売を開始しました。また、6月より順次、地元の市川市の創作洋菓子店「モンペリエ」、欧風創作料理店「ラ・ドルチェ・ヴィータ」、クラフトビール醸造所「まるやブルワリー」(丸屋文具店)と協力し、商品化する予定です。

今後は地域住民や子どもたちに向け、草花観察会、採蜜体験会、ミツバチ観察会の実施などを検討しています。

はちみつ商品
はちみつ商品
はちみつ商品
はちみつ商品

商品概要

  • 国府台 bee Garden(100g瓶入) ※5月27日より
     株式会社CUCサポート(販売者)
  • ミツバチに恋して(はちみつタルト) ※6月上旬
     協力店舗:創作洋菓子店「モンペリエ」
  • 豚バラ肉のスペアリブ~国府台の花とCUCの思いをこめたはちみつを添えて~ ※6月中旬
     協力店舗:欧風創作料理店「ラ・ドルチェ・ヴィータ」
  • 手児奈姫の午睡(ハニービール) ※予定
     協力店舗:クラフトビール醸造所「まるやブルワリー」

※「国府台 bee Garden」の注文方法につきましては、株式会社CUCサポートWebサイトをご覧ください。
https://www.cuc-support.com/goods.html

はちみつ商品
はちみつ商品

学生の声

地球環境の変化でミツバチが突然姿を消すという状況を知りました。農業の未来やエネルギー支援について考えるきっかけや地域の方との交流の場づくりを目指し、養蜂事業を始めました。私たちが学ぶことで、多くの方が住む国府台の空をミツバチが自由・安全に飛び、自然が融和した地域を創生することを願い「国府台 bee Garden」と名付けました。今後、賛同してされる学校や団体、個人の方に私たちの思いや養蜂を行う楽しさを伝え、大きく環を広げていければと思います。

人間社会学部3年 小西俊太郎さん(六郷高校出身)

週に2回、内検(女王蜂がいるかやミツバチが働いているか病気になっていないか、また、女王蜂が住み続けるよう王台(女王蜂専用のゆりかごのようなもの)を潰す作業)を行っていましたが、女王蜂が逃げてしまう事件もありました。幸いなことに、新しい女王蜂をふ化させることに成功し、5つの巣箱を保つことができ、約69Kgというはちみつを採ることができました。商品ラベルも学生が思いを込め作ったので、多くの人に手に取っていただけるよう活動を続けていきたいと思います。

人間社会学部3年 浅見乃絵さん(喜多方高校出身)